取扱作家

買取できる品目

角谷莎村(かくたにしゃそん)は1911年に生まれた釜師で、人間国宝の角谷一圭の弟としても知られています。
子供の頃より父親や兄の仕事を手伝い、釜の制作や技法を自然と覚えていきました。
角谷莎村が松の絵柄をあしらった「老松地紋」は特に完成度が高いとして評価されています。
芸術的な美しさを求め、独特の丸みを帯びたフォルムを持つ茶釜を多く残し、幅広い愛好家を魅了しています。
1987年に76歳で生涯を閉じました。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら