取扱作家

買取できる品目

金谷五良三郎(かなやごろうさぶろう)は、京都で代々受け継がれている金工家です。
現在は15代目で1940年に京都で生まれました。
1962年(22歳)で京展において初入選し、その後5回入選しています。
実際に15代を襲名したのは2005年でした。
金槌で叩く鍛金、金属を溶かしている鋳金、彫金など伝統的な技法を用いて銅瓶や三足瓶掛を制作しています。独特の風合いを表現する金属着色法は「五郎三色」と呼ばれ、代々受け継がれています。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら