取扱作家

買取できる品目

中川浄益(なかがわじょうえき)は1559年から始まった千家十職の一人で金物師(かなものし)として活躍してきました。
その名跡は代々継承されており、現在は11代目です。

その11代目は1920年に生まれ京都市立第二工業高校の金属工芸科を卒業。
非常に細かく緻密な作業が必要とされる作品を制作。
また、鉄を叩いて制作する槌物(うちもの)や鉄を溶かして作る鋳造(ちゅうぞう)による鋳物なども制作しています。

中川浄益の買取実績


関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら