取扱作家

買取できる品目

奥村吉兵衛(おくむらきちべえ)は千家十職の一人で、布や紙などを張ることによって仕立てられた巻物、掛軸、屏風、襖、額などを仕立てる職人です。
初代は1618年からではじまり、当代は12代目となります。
1934年生まれ。
1986年9月に奥村家の家督を継承し12代奥村吉兵衛を襲名。

奥村吉兵衛の歴代

1618年~1700年 初代 奥村吉右衛門清定(おくむら きちうえもんきよさだ)
出家後法号:宗勢(そうせい)。
1633年~1719年 二代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
号:休意(きゅうい)。初代の長男。
1666年~1743年 三代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
出家後法号:休誠(きゅうせい)。二代目の婿養子。
1737年~1781年 四代目 奥村吉五郎(おくむら きちごろう)
法名:道順。三代目の婿養子。
1755年~1825年 五代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
出家後法号:了誠(きゅうせい)。三代目の婿養子。
1780年~1848年 六代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
号:休栄(きゅうえい)。四代目の婿養子。
1795年~1837年 七代目 奥村吉次郎(おくむら きちじろう)
号:休音(きゅうおん)。六代目の婿養子。
1804年~1867年 八代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
号:蒿庵(こうあん)。歴代中最も「表具の達人」であったと言われている。
1840年~1908年 九代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
名は義道。八代目の長男。
1869年~1944年 十代目 奥村吉次郎(おくむら きちじろう)
九代の長男。
1901年~1987年 十一代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
号:一道(いちどう)十代の長男。
1934年~ 十二代目 奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)
十一代の子息。当代。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら