取扱作家

買取できる品目

白井半七(しらいはんしち)は代々襲名によって受け継がれている陶芸家で、江戸・今戸焼を主に制作しています。
当代は9代目です。

9代目は1923年に生まれました。
父親である8代目の作風を引き継いでいるのが特徴で特に絵付の技術に優れています。
1980年には、兵庫県三田市大原に移動し、そこで窯を構えました。料亭の吉兆との親交が深く、会席具や湯呑みを提供しています。多彩な趣味を持ち、書画も得意としています。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら