取扱作家

関良(かんりょう)

買取できる品目

関良(かんりょう)は、1900年に中国の広東省に生まれた画家です。
1917年には日本へ渡り、日本の美術や文化を学びました。
1930年からは演劇を題材にした作品を描き始めます。演劇に登場するそれぞれの登場人物の生き生きとした表情を表現しました。

その他には油絵を制作するとともに音楽、戯劇の研究もしていました。
西洋画にも詳しく、表現方法、技法なども作品に取り入れました。
1986年に86歳で逝去。
死去後、作品の価値が非常に高まり、2011年には中国の国内で開催されたオークションでは油彩「岩門図」がおよそ3億8千万円で落札されています。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら