黄冑(こうちゅう)

1925年-1997年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの黄冑(こうちゅう)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2019年8月6日 夏季休業日のお知らせ

黄冑はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

黄冑(こうちゅう)は、現代における人物画の最高峰の1人とされる中国の画家です。力強い筆墨と豊富な色彩を自在に操り、筆を素早く動かして描くことを得意としています。辺境の地域を舞台にした豪放な作風も有名です。

我楽洞では、黄冑の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

黄冑作品の高額査定ポイント

黄冑は「掛け軸」が高価買取対象

「群驢」や「飛雪迎春」といった掛け軸は、黄冑本人と確認できるものであれば、100万円単位以上の値で買い取ることもできます。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

落款や共箱は重要査定項目

一般的に絵画には落款(らっかん)やサイン、共シールがあります。サインと落款が重要な査定項目の一つとなります。また、掛け軸の場合は作品を収めておく共箱も査定の対象になります。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

黄冑の中国/朝鮮美術買取に関してよくあるご質問

黄冑の作品を売るとしたら、どのジャンルが狙い目ですか?

一概にはいえませんが、初期作品に多く見られる油絵は高値になる傾向にあります。

オークションの価格はあてになりますか?

落札価格はあてになりませんが、ブックメーカーに見られる相場と査定は通じる部分もあります。なお、ヤフオクの相場はその限りではありません。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

LINEやメールで査定金額を教えてもらえるのでしょうか?

作品画像と作品情報の添付が、最低限として必要になります。情報が揃い次第、概算を返信いたします。

中国の絵画がたくさんありますが、すべて買取してもらえるのでしょうか?

実際に査定してみないとわかりませんが、一つ一つ的確に査定しお伝えいたします。

中国の陶磁器の売却を検討中です。もしも査定額に納得がいかなかった時には、キャンセルできますか?

はい。キャンセルいただくことは可能で、その際にキャンセル料もかかりません。

中国人作家の絵画を売りたいと思っていますが、周りの人に知られたくないのですが、ご配慮いただけますか?

ご安心ください。我楽洞では、常にお客様とのお取引内容は秘密厳守でさせていただいております。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

黄冑について

1925年に中国の河北省で生まれた黄冑は、8歳のときに山西省に移り、そこから陝西省の省都である西安に移住します。原性は梁、名は淦堂。少年時の体育の競技で「炎黄冑」と書かれた旗を獲得したことにちなみ、のちに黄冑に改名したといわれています。また、絵画を本格的に学んだのも、このころです。一方で当時の中国といえば、清王朝が崩壊し、新中国政権への移行時期。蒋介石をリーダーとする国民党と、毛沢東が率いる共産党(人民解放軍)が熾烈な争いを繰り広げていた激動の時代でした。内乱の終止符は、1949年の中華人民共和国の建国で打たれます。その背景の1つに、文字の認識が薄い民衆に向けた、絵画や版画で思想を周知させるという毛沢東の狙いがありました。絵画の才能があった黄冑も、1948年に人民解放軍としてウイグル自治区などで勤務しています。この時期に体験した少数民族の日常は、画家としての黄冑の主題を担っていきました。

建国後も毛沢東が推し進めた、人民解放軍による部隊美術活動は続き、1957年には「人民解放軍全軍第1回美術展」が開催。1977年の第7回以降は建国記念として、10年おきに開催されています。1972年の開催時には黄冑も「解放軍の兵士」を出品しています。その前後の時期における黄冑といえば、文化大革命や周恩来攻撃を目的とした黒画事件に巻き込まれ、画家としての活動を阻まれた時代でした。しかし、1975年に人民解放軍を離れると、軽工業部工芸美術公司の顧問就任を皮切りに、中国美術界に大きく貢献。水墨画で描く動物画では、驢馬(ロバ)や駱駝(ラクダ)などのモチーフを得意とし、各種展覧会に出品しては数々の賞を獲得していきます。また1978年に、中華人民共和国副首相から日本の天皇皇后両陛下に送られた「百蘭図」が、黄冑の力作であったことも話題になりました。

略歴

1925年 中国河北省蠡県(れいけん)に生まれる
1938年 西安西北中学校に入学
1946年 朝鮮出身の画家・韓梁然に師事。油絵を学ぶ
1947年 近代中国の画家および書家・趙雲壑から国画を学ぶ
1955年 第2回全国美術展にて「テントの中の小学校」「出診図」が入選
1955年 中華人民解放軍総政治部創作室創作員として活動する
1957年 第6回世界青年実用芸術展覧会にて「洪荒風雪」が金賞受賞
1973年 「食糧を送る」「若い世代」「風雪の夜に帰る人」を制作
1978年 「舞姿」「群驢図」を制作
1979年 「墨驢図」を制作
1986年 「駱駝」を制作
1988年 「三驢図」を制作
1991年 炎黄芸術館が完成。館長に就任し自身が収蔵する文物や書画を寄贈する
1997年 逝去。享年72歳

お客様の声

対応がスムーズだったので、助かりました。お宝を売るなら「がらくどう」さんがオススメです。

北海道釧路市 M・M 様

中国人作家の買取はあまり業者がなく、鑑定士の方もいまいち信用おけませんでしたが、我楽洞は違いました。博学な上、ちゃんと時代の情勢も把握されていて納得できました。ありがとうございました。

神奈川県横浜市 E・K 様

今回の3回目のリピーターです。毎回、的確な査定に安心して預けられます。我楽洞さんとはこれからも長くお付き合いできそうです。今後もよろしくお願いします。

神奈川県川崎市 T・H 様

中国美術-お客様の声3

私は中国の美術品が好きで買い集めていましたが、諸事情で今回、一部を処分することになりました。
中国の美術の最新情報の話も聞けてよかったです。何かあれば次回も依頼したいです。

神奈川県鎌倉市 O.S 様

中国美術-お客様の声2

中国の陶磁器を売りたいと思ってネットで探しましたが、信頼できそうな業者が見つからず苦労しました。
最終的にこちらにお願いして良かったです。

東京都新宿区 村山雅弘 様

中国美術-お客様の声1

中国の近代アートを集めていましたが、多くなりすぎたのでの処分したいと思い今回、連絡しました。
担当の方から美術品について話をしてもらい、勉強になりました。
また機会があればよろしくお願いします。

東京都杉並区 I.O 様

黄冑作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの黄冑作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。