取扱作家

李禹煥(りーうーふぁん)

1936年-

韓国の美術家である李禹煥の作品を我楽洞では、高価で買取しております。
経験豊富な鑑定士がひとつひとつ丁寧に査定を行います。
また、ご質問があればわかりやすくお答えいたします。

買取できる品目

李禹煥(りーうーふぁん)は1936年に韓国の南部に位置する慶尚南道に生まれた画家、彫刻家、美術家です。
20歳で日本へ留学し、日本大学に入学します。
1994年には日本文化デザイン賞を受賞しています。
李禹煥の作品の特徴としては、大きなカンバスに大きな余白を取って点や線などをシンプルに表現したものが多くあり、静けさと空間の広がりを表したものと言われています。
2010年には、建築家の安藤忠雄とコラボレーションし、「李禹煥美術館」が香川県の直島に開館しました。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら