取扱作家

王禔(おうし)

1878年-1960年

中国の篆刻家、書家の王禔の作品を我楽洞では高額で買取をしています。
経験豊富で知識のある鑑定士が丁寧に査定いたします。
またいつもご利用頂いているお客様はもちろんのこと、初めての方からのご連絡もお待ちしております。

買取できる品目

王禔(おうし)は1878年に中国の浙江省で生まれた篆刻家(印章の作成)、書家です。
父親は碑文の研究や石に刻まれた銘文を研究する著名な金石家でした。
その影響から王禔は子供の頃から印章を学びながら、実際にも作っていました。
作風はシンプルで素朴な表現を好んで制作。
20代のころには古印、篆刻の研究する学術団体である「西泠印社(せいれいいんしゃ)」を立ち上げにも尽力。
1960年に82歳で逝去。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら