お知らせ 2018年8月9日 夏季休業日のお知らせ

斉白石作品はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

斉白石は絵画、花鳥画、だけでなく書・印章なども幅広く制作した中国の画家です。

現在、我楽洞では、斉白石の作品を幅広く買取しています。
正確な査定を行い、適正な価格で買取しておりますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。
斉白石の買取はぜひ、我楽洞にお任せください。

斉白石作品の買取について

略歴

1864年 中国・湖南省の湘潭県杏子塢星斗塘の貧農に生まれる。
1876年 大工見習いになり1年後に家具職人(指物師)となる。
1891年 文人画家の胡沁園に師事し、本格的に花鳥画や鳥獣画などの画の勉強を始める。
1894年 同郷の詩友と「龍山詩社」・「羅山詩社」を結び、書法・篆刻を独学。
1904年 中国全土を5度にわたり旅した。
1921年 北京に移住し、書画に専念。「紅花墨葉」の画風を確立。
1922年 東京で開催された「日中共同絵画展」に作品を出典。
1956年 国際平和賞を受賞。
1957年 逝去。享年95歳。

斉白石(さい はくせき)斉白石(さいはくせき)は中国の近代画家で書や篆刻(てんこく)(印章を作成)も制作しました。

1864年に中国の南部の山岳地帯に位置する湖南省の貧しい農家の子供として生まれました。
幼い頃から体があまり強くないこともあり、農作業は行えず、日頃から絵を描いていました。
12歳のころに大工見習いとなり、その後、家具職人になって生計を立てました。当時の斉白石の作った家具は精巧な細工が施されており人気がありました。またその間に人物画、美人画も描いていました。

27歳で家具職人を辞め、画家の胡沁園に弟子として入門、繊細な花鳥画や鳥獣画の技法などを本格的に学び、30歳には書や篆刻も独学で学びました。
40歳の頃には中国全土を5回も旅をし、中国各所の山や大河を訪れたり、名画や書を見てまわり、芸術的な視野を広げました。55歳になると北京に移り住み、絵画を売って生活をしていました。当時の北京では、保守的な雰囲気が社会を作り上げており、農民出身で木工職人だった斉白石は世間から冷たい目で見られ、肩身の狭い生活を強いられたようです。
95歳で生涯を閉じました。

斉白石の代表作品

  • 斉白石-エビ
    エビ
    エビの透明感が表現された水墨画。斉白石は生涯で多くのエビの画を描いている。
  • 斉白石-山水
    山水
    もやの中の柳を表現した山水図です。
  • 斉白石-カニ
    カニ
    斉白石が描く独特のカニが描かれた水墨画です。
  • 斉白石-キリギリス
    キリギリス
    斉白石は身近な草花や虫の作品が多区、こちらの作品でもキリギリスが緻密に描かれています。

斉白石作品の高額査定ポイント

人気の作品なら査定額に期待

斉白石は花や鶏、鯉、蝦などを描いた多種多様な作品が多くあり、どれも高価買取の対象となります。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

斉白石の買取実績

  • 斉白石-花
  • 斉白石-南天
    南天
  • 斉白石-蝦
  • 斉白石-扁豆
    扁豆

斉白石作品の買取に関してよくあるご質問

中国美術が好きでたくさんあるのですが、最近多くなってしまったのでいろいろと相談しながら一部処分したいのですが、そのようなことはお願いできますか?

はい、ご相談いただきながら買取依頼される作品を決めていただけます。

買取できる品目

斉白石作品の買取で選ばれる理由