鄭孝胥(ていこうしょ)メイン画像

鄭孝胥(ていこうしょ)

1860年-1938年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの鄭孝胥(ていこうしょ)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2019年12月27日 2019年の年末年始休業日のお知らせ

鄭孝胥はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

鄭孝胥(ていこうしょ)は清朝末期の詩人および能筆家であり、旧満州国の総理大臣です。詩人としては陳三立と肩を並べ、江西詩派最後の大家とされています。楷書に優れた書法で、上海に本社を置く交通銀行の題字を手がけたことでも有名です。

我楽洞では、鄭孝胥の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

鄭孝胥の代表作品

  • 行書五絶
    行書五絶
  • 行書七言聯
    行書七言聯

鄭孝胥作品の高額査定ポイント

作品集や専門誌に掲載されている作品は査定額に期待

鄭孝胥の作品の価値は、中华书局(中華書局)から出版されている、「1931年前郑孝胥」に掲載されているものなどが高値になる傾向にあります。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

落款や共箱は重要査定項目

一般的に絵画には落款(らっかん)やサイン、共シールがあります。サインと落款が重要な査定項目の一つとなります。また、掛け軸の場合は作品を収めておく共箱も査定の対象になります。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

鄭孝胥の中国/朝鮮美術買取に関してよくあるご質問

鄭孝胥の初期作品を売ろうと思っていますが、鑑定は確かなものでしょうか?

我楽洞は、全国の約500名の有力組合員で構成されている「東京美術商協同組合」に加盟しています。初期作品でも抜かりなく鑑定いたします。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

オークションの価格はあてになりますか?

落札価格はあてになりませんが、ブックメーカーに見られる相場と査定は通じる部分もあります。なお、ヤフオクの相場はその限りではありません。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

中国の絵画がたくさんありますが、すべて買取してもらえるのでしょうか?

実際に査定してみないとわかりませんが、一つ一つ的確に査定しお伝えいたします。

中国の陶磁器の売却を検討中です。もしも査定額に納得がいかなかった時には、キャンセルできますか?

はい。キャンセルいただくことは可能で、その際にキャンセル料もかかりません。

中国人作家の絵画を売りたいと思っていますが、周りの人に知られたくないのですが、ご配慮いただけますか?

ご安心ください。我楽洞では、常にお客様とのお取引内容は秘密厳守でさせていただいております。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

鄭孝胥について

鄭孝胥(郑孝胥)は、1860年に江蘇省蘇州市に生まれます。鄭家の先祖は福建省福州市にあり、代々にわたり清王朝に仕える名家。また、儒学の教えに則った「詩礼伝家(诗礼传家)」と呼ばれる、中国の古典や詩を後世に継承していくことでも知られた家系でした。幼いころから父・鄭守廉に爾雅(中国古典や詩経など)を教わり、7歳で母と上京します。17歳のとき、北京で官僚をしていた父が亡くなると、大叔父である鄭世恭から詩の薫陶を受けていくことに。

間もなくして詩の世界に足を踏み入れた孝胥は、世恭から同郷の先輩詩家である沈瑜庆を紹介されます。同時期には「故郷の歌は平生を語り、世を通じて不滅を完遂できる」という詩も残し、のちに政治家として活動していくうえでの礎を築いたといわれています。勉学も優秀だった孝胥は、23歳のときに郷試(日本の国家公務員試験に相当)を首席で通過。挙人(国家公務員)の道に進み、7年後には30歳にして清朝政府の内閣に入閣します。その間、福建省出身の詩人・陈衍 と中国近代詩団体「同光体」を立ち上げ、数多くの詩も残しました。

入閣後は、来日して総領事に就任した孝胥。日本に滞在している間も、故郷のことを詩にしたためていたといわれています。その後、中国国内では日清戦争の突入を皮切りに、動乱の時代を迎えていきます。特に孝胥が40代に入った1900年以降は、清朝政権が一気に傾いていった時期。清朝は腐敗を舐めた日清戦争でのことを教訓に、軍事強化を進めていきます。孝胥は日本の立憲政治を取り入れるべく、当時の内閣の中枢を担っていた張謇らと立憲運動を広めていきました。しかし孫文率いる辛亥革命の前に、満洲国へと追いやられた清朝は事実上の崩壊を迎えることに。孝胥は実質的に日本に操られていた満州国の総理大臣に就きながらも、清朝復権を掲げて奔走します。しかし、軍事力や経済面で劣勢を強いられ、待っていたのは呆気ない解任劇でした。清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀に忠誠を尽くしましたが、最晩年は不憫な生活を強いられていたようです。

略歴

1860年 中国江蘇省に生まれる
1866年 北京に移住
1876年 父・鄭守廉が死去
1882年 郷試を首席で通過
1883年 同光体を立ち上げる
1889年 内閣中書に合格
1891年 来日して神戸大阪総領事を務める
1906年 張謇らと上海に予備立憲公会を創設
1917年 詩集「四叔祖」を出版
1924年 総理内務府大臣に就任
1932年 満州国・初代国務院総理(総理大臣に相当)に就任
1935年 国務総理大臣を解任される
1938年 吉林省長春市にて逝去。享年78歳

お客様の声

祖父の遺産整理で出てきた古びれた詩集を見てもらいました。いまだにピンとこない名前ですが、どうやら凄い人みたいですね。夢じゃなければよいのですが。

滋賀県彦根市 K・O 様

掛け軸を査定してもらいましたが、想定通りの額でした。素人目から見ても達筆と感じる字なので、高く売れて当然かと思いました。

東京都渋谷区 H・T 様

叔母の蔵に眠っていたものです。私の家系のルーツとか聞かれ、びっくりしましたが、とても熱心な姿勢も伝わってきました。とりあえずありがとうございます。

兵庫県神戸市須磨区 T・I 様

中国美術-お客様の声3

私は中国の美術品が好きで買い集めていましたが、諸事情で今回、一部を処分することになりました。
中国の美術の最新情報の話も聞けてよかったです。何かあれば次回も依頼したいです。

神奈川県鎌倉市 O.S 様

中国美術-お客様の声2

中国の陶磁器を売りたいと思ってネットで探しましたが、信頼できそうな業者が見つからず苦労しました。
最終的にこちらにお願いして良かったです。

新宿区東京都 村山雅弘 様

中国美術-お客様の声1

中国の近代アートを集めていましたが、多くなりすぎたのでの処分したいと思い今回、連絡しました。
担当の方から美術品について話をしてもらい、勉強になりました。
また機会があればよろしくお願いします。

杉並区東京都 I.O 様

鄭孝胥作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの鄭孝胥作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。