五木田智央メイン画像

五木田智央(ごきた ともお)

1969年 -

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの五木田智央(ごきた ともお)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2020年7月30日 夏季休業日のお知らせ

五木田智央はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

五木田智央(ごきた ともお)は、ポスター制作などで人気を博すファインアートな気質を持つ画家として、卓越したドローイングおよび版画技術を発揮しています。商業的美術より純粋芸術の指向が強く、制作について本人曰く「コンセプトはない」と公言。近年はユニクロとのコラボでTシャツが販売され、その独創的な世界を多方面で発信中です。

我楽洞では、五木田智央の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

五木田智央の代表作品

  • MATURE #2
    MATURE #2
  • Status Seeking
    Status Seeking
  • If you go away
    If you go away

五木田智央作品の高額査定ポイント

五木田智央は「アクリル抽象画」が高価買取対象

ドローイングやモノクロームに定評がある五木田作品ですが、2009年制作のブルーを基調としたアクリル抽象画「Paraiso 楽園」は、それらの相場を上回る約1200万円で落札されています。こうしたことからカラー作品の値が高騰する傾向にあります。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

五木田智央の絵画買取に関してよくあるご質問

五木田智央の作品を売るとしたら、どのジャンルが狙い目ですか?

一概にはいえませんが、手短に入手しやすいTシャツやポスターなどがおすすめです。また五木田智央の公式インスタグラムで発信されている作品も注目度が高いため、参考にされてみるとよいかもしれません。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

オークションの価格はあてになりますか?

落札価格はあてになりませんが、ブックメーカーに見られる相場と査定は通じる部分もあります。なお、ヤフオクの相場はその限りではありません。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

自宅が仙台にあるのですが、地元ではなかなか良い業者が見つからず、我楽洞に出張買取を依頼したいのですが、可能でしょうか?

はい。日本全国、どこでも出張買取が可能です。またその際の出張料は一切不要です。

初めて絵画の買取を依頼しようと思いますが、よくわからないことが多くて、問い合わせをためらってしまいます。

初めての方でも安心してご利用いただけるよう、査定や買取内容について丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

数十年前に親戚の叔父さんから頂いた絵画がありますが作品名が全くわかりません。これでも鑑定いただくことは可能でしょうか?

はい可能です。絵画に詳しい鑑定士が伺いますのでご安心ください。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

五木田智央について

幼少の頃から絵を描くのが好きだった五木田智央。その影響は、漫画を描くのが得意だった5歳上の兄から強く受けたようです。幼稚園時代には赤塚不二夫や石ノ森章太郎といった人気作家が描く、当時の漫画を模写していたほど。小学校に入学後は、プロレスの世界にのめり込んでいきました。きっかけはタイガーマスクで、最も好きなプロレスラーにアントニオ猪木の名前を挙げることで知られています。その頃には、すでに小学生にして美術家の横尾忠則のことも知っており、作品の独特な世界観に衝撃を受けたようです。

中学時代の五木田は、プロレス雑誌のイラスト投稿を重ねていきます。同雑誌で外国人レスラーのイラストが掲載された際には、藤原喜明がコメントを残し脚光を浴びました。高等専修学校へ進学後も引き続きプロレス関係の投稿を重ね、17歳の時には藤原喜明を描いたイラストが優秀作品に選ばれています。また在学当時は、演劇のポスターや英語参考書のイラストなど、ギャラが発生する仕事も受けていたようです。卒業後は美術系の専門学校に入学するも2年で退学。そこからインドやアメリカといった海外をわたり歩き、帰国後はCDジャケット、および雑誌などを手がけるイラストレーターとして活躍をみせます。またライブのフライヤーを担当した際にレコードのデザインも依頼され、次第にグラフィックデザインの仕事も増えていきました。

また帰国後は、約1000点に上るドローイング作品を積み重ねたのも五木田の作家活動における特筆すべき点です。幼少期から慣れ親しんだ「鉛筆で創作するスタイル」の集大成ともいえるでしょう。1998年には、音楽や映画情報などを掲載したカルチャー誌「BARFOUT!」で、UA(ミュージシャン)を描いたドローイングが表紙を飾り、五木田の名が日本に知れわたっていきました。そして2000年に自身初の作品集として「ランジェリーレスリング」を発行。300点に及ぶドローイング作品を集め、ダイナミックな世界を表現した一冊です。まさに2000年前後は五木田の絶頂期だったものの、依頼の際に注文が増えていく現実を受け入れることはできませんでした。

その後、メキシコでの充電期間を経て2004年頃から活動を再開させます。今度は新境地となるモノクロベースでキャンパスに描いたり、グラデーション表現に展開させたりしていきました。またこの時期の作風は、アクリル性の水彩絵具で白と黒に立体感を与えた、いわゆるアクリルガッシュ。油絵ではなく絵具にこだわり、不透明なガッシュを使うことでグラデーションを実現させています。人物画においては、顔に目や鼻などを書き入れないのが当時のスタイルでした。ただ五木田曰く「モノクロームにこだわっている訳ではない」といい、「目や鼻も意識して入れていないということでもない」と回顧しています。その言葉に裏付けされるように、2008年頃からはカラーの作風にも乗り出しています。2020年に六本木で開催された個展「MOO」は、国内では初のカラーペインティング作品の展示で耳目を集めました。2016年にメアリー・ブーン・ギャラリー(ニューヨーク)で個展を開いた際は、目や鼻を入れた作品も展示しており「どうだ、これで文句ないだろ」とコメントしています。2018年には、個展「PEEKABOO」で800点のドローイングを1つの空間アートとして展示し、インスタレーションな一面も披露したことは記憶に新しいところです。そのほか五木田作品には著名なコレクターが多く、ミュージシャンのテイ・トウワ、アーティストのKAWS、起業家の前澤友作と豪華な顔ぶれも。こうした世界的な人気も手伝ってか、2019年のオークションでは約1億円の落札価格を記録し、自身のオークションレコードを更新しています。

略歴

1969年 東京都世田谷区で生まれる
1985年 文化学園(専修学校)に入学
1998年 カルチャー誌「BARFOUT!」でUA(ミュージシャン)を描き話題に
2000年 自身初のドローイング作品集「ランジェリーレスリング」を発行
2001年 広告美術団体が主催するニューヨークADC賞で金賞を受賞する
2015年 777点のドローイングをまとめた作品集「777」を発行
2016年 ニューヨークのメアリー・ブーン・ギャラリーで個展「OUT OF SIGHT」を開催。ニューヨーク・タイムズの展評で取り上げられる
2018年 東京オペラシティアートギャラリーで個展「PEEKABOO」を開催。インスタレーション作品が話題に
2020年 タカ・イシイギャラリー(東京・六本木)で個展「MOO」を開催。国内初のカラーペインティング作品の展示で再び注目を浴びる

お客様の声

オフセットリトグラフのポスターを査定してもらいましたが、メルカリとは雲泥の差。売るなら絶対に専門店がオススメ。特に我楽洞はトップクラスだと思います。

東京都港区 T・Y 様

ここの鑑定士さんはプロレスの知識もあり、査定に根拠を感じられました。よく以前は、まんだらけなどで品定めしていましたが、価格は我楽洞の方が断然上です。

東京都杉並区 N・H 様

前回も村上隆や奈良美智の買取でお世話になったリピーターです。今回は外国貴婦人のポスター。依然として安定感のある査定内容に満足です。ありがとうございました。

神奈川県横浜市神奈川区 S・C 様

絵画-お客様の声3

有名な作家さんが描いたものだ、と他界した父が話していましたが、今回大掃除をして、この機会に処分することにしました。
必要としている人に渡ってくれればいいです。

神奈川県西区 U.T 様

絵画-お客様の声2

蔵からでてきた絵画が売れてすっきりしました。期待以上の金額で買取してもらいよかったです。担当の方も説明が上手でした。

厚木市神奈川県 T.N 様

絵画-お客様の声1

初めて絵画を売りました。
絵画の買取業者さんは敷居が高いと思っていましたが、鑑定士の方が丁寧に説明してくださいましたので満足しています。

品川区東京都 相川淳二 様

五木田智央作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの五木田智央作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。