取扱作家

今井俊満(いまいとしみつ)

買取できる品目

今井俊満(いまい としみつ)は、1928年に京都市西京区で生まれた洋画家、抽象画家です。高校在学中から絵を描き始め、梅原龍三郎、安井曾太郎らに師事し、1952年にフランスに渡った際には、抽象表現主義であるアンフォルメル運動の画家たちと交友するようになり、自らも運動に加わりました。その影響もあって抽象画を制作しはじめます。

1983年頃より、アンフォルメルと日本の伝統美の融合をめざした「花鳥風月」のシリーズの制作を開始する。1990年代後半には、広島、長崎の戦禍をテーマにした作品にも取り組んでいます。

また晩年になると「コギャル」 を題材にした斬新な作品も制作しました。2002年膀胱がんのため、東京の国立がんセンターで逝去。享年73でした。

略歴

1928年 京都市西京区に生まれる。
1948年 第12回新制作派協会展で入賞。
1952年 渡仏。
1957年 「世界・現代美術展」(ブリジストン美術館)出品。
1959年 第1回パリ青年ビエンナーレ出品。
1979年 紺綬褒章を受賞。
1983年 「花鳥風月」のシリーズを制作開始する。
1995年 レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエを受賞。
1997年 フランス芸術文化勲章コマンドールを受賞。
2002年 逝去。享年73歳。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら