小松美羽(こまつ みわ)

1984年 -

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの小松美羽(こまつ みわ)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2020年7月30日 夏季休業日のお知らせ

小松美羽はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

小松美羽(こまつ みわ)は、神獣をテーマにした版画を中心に、ライブペイントや狛犬作品で知られる新進気鋭な女流アーティスト。持ち前のルックスから「美しすぎる銅版画家」とお茶の間の人気をさらう一方、全身全霊で表現するダイナミックなライブペイントも世界から注目されています。

我楽洞では、小松美羽の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

小松美羽の代表作品

  • 神獣
    神獣

小松美羽作品の買取実績

小松美羽作品の高額査定ポイント

小松美羽は「ライブペイント作品」が高価買取対象

アクリル絵具を使ったキャンパスに描くライブペイント作品は、アーティストとしての小松美羽の価値を年々高める傾向にあります。24時間テレビで制作したライブペイント作品は、オークションで約2000万円という価格がつき改めて彼女のトレンド性を見せつけました。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

小松美羽の絵画買取に関してよくあるご質問

小松美羽の作品を売るとしたら、どのジャンルが狙い目ですか?

一概にはいえませんが、身近なところでは24時間テレビで制作したTシャツは、相場も高騰しつつあります。絵画にこだわらず「グッズ関連を査定してほしい」という人も少なくありません。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

オークションの価格はあてになりますか?

落札価格はあてになりませんが、ブックメーカーに見られる相場と査定は通じる部分もあります。なお、ヤフオクの相場はその限りではありません。

LINEやメールで査定金額を教えてもらえるのでしょうか?

作品画像と作品情報の添付が、最低限として必要になります。情報が揃い次第、概算を返信いたします。

自宅が仙台にあるのですが、地元ではなかなか良い業者が見つからず、我楽洞に出張買取を依頼したいのですが、可能でしょうか?

はい。日本全国、どこでも出張買取が可能です。またその際の出張料は一切不要です。

初めて絵画の買取を依頼しようと思いますが、よくわからないことが多くて、問い合わせをためらってしまいます。

初めての方でも安心してご利用いただけるよう、査定や買取内容について丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

数十年前に親戚の叔父さんから頂いた絵画がありますが作品名が全くわかりません。これでも鑑定いただくことは可能でしょうか?

はい可能です。絵画に詳しい鑑定士が伺いますのでご安心ください。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

小松美羽について

長野県の北信エリアに位置する坂城町で、1984に産声をあげた小松美羽。本人曰く当時について「2歳くらいの頃に、母のお腹にいた妹のことを想い絵を描いた記憶があります」といった旨を回顧しています。また小松作品のシンボルである神獣についても「小さい頃に雪道で遭遇したニホンオオカミが忘れられず、後に調べたら神社の狛犬に扮する神獣と分かったんです」と明かすほど。一般の人が体験し難い幼少期のスピリチュアルな経験が、後の小松美羽の原動力となったようです。そんな彼女が絵に本腰を入れ始めたのは、美術を専門とする短大に入学してからのこと。祖父の死に神妙を得た銅版画を、卒業制作のテーマに決めます。それが数年後に脚光を浴びることになった「四十九日」でした。当時について「約3ヶ月の間、寝る間も惜しんで取りかかりました」と述べつつ、短大から4年制に編入した際には「(四十九日について)テーマが重いとか怖いとか言われ、あまり良い評価は得られませんでした」といったことを振り返っています。

また大学卒業後も彼女の才能は日の目を見ることがなく「24歳までデパートの絵画コーナーでアルバイトをしていた」と言います。そんな彼女に転機が訪れたのは、25歳の時に出品を果たしたアートフェア「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.3」でした。ここでクリスチャン・ディオールの社長(当時)らから高評価を受け、海外進出の足がかりを得ます。またエルメス・ジャポンの社長(当時)が、小松作品の第一号になったことも話題に取り上げられました。翌年には世界的なアートディーラーとして活躍する塩原将志からニューヨーク芸術の作品鑑賞を勧められ、小松美羽の創作スタイルが幅を広げていくことに。そこから出雲大社に奉納した「新・風土記」だったり、有田焼の狛犬作品「天地の守護獣」が大英博物館の永久所蔵(日本館)になったりと、アーティストとしての地位を確立した小松美羽。

神獣をテーマにした版画、あるいは狛犬作品に見られる古典的キャラクターのほか、観衆の前で披露するライブペイントも小松美羽の持ち味です。2017年に台湾で開催された「ホワイトストーン・ギャラリー台北」では、1ヶ月間で延べ3万人の集客を達成。同展での作品売上も約2億円と、グローバルな存在感を見せつけます。また彼女のライブペイントに魅了される著名人も多く、イタリアのアートコレクター「ルカ・ジェンティーレ・カナール・マルカンテ」をはじめ、シンガポール出身のシンガーソングライター「JJ Lin」や高野山高祖院住職「飛鷹全法」と顔ぶれも多彩です。2020年の個展活動でも、その活躍は健在。新型コロナウイルスで世界中がダメージを受けるなか、銀座で開かれた「祈り」が広島で特別開催されるなど、底力を遺憾なく発揮しています。また同年夏には、日本テレビ系「24時間テレビ」のTシャツをデザインしたことで耳目を集めました。同番組内で特別ゲストとして、幅4m超の巨大キャンパスに描くライブペイントが生中継されたのも記憶に新しいところです。

略歴

1984年 長野県坂城町に生まれる
2004年 女子美術大学短期大学部を卒業。卒業制作の「四十九日」を手がける
2006年 女子美術大学を卒業
2010年 東京交通会館で開催されたGALLERY TAGBOAT主催のアートフェア「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.3」に出品
2014年 出雲大社に「新・風土記」を奉納する
2015年 有田焼とコラボした狛犬作品「天地の守護獣」が大英博物館日本館の永久コレクションに
2017年 ガーデンテラス紀尾井町(東京)で個展を開催し、9日間で3万人を集客
2017年 個展「神獣 エリア21」を開催
2017年 台湾で銀座発の現代アートギャラリー「ホワイトストーン・ギャラリー台北」を開催。海外でも好評のうち幕を閉じる
2018年 北京で開催されたアートアワード「Tian Gala 天辰 2017」にて「Young Artist of the Year 2017」を受賞する
2020年 銀座のアートギャラリー「ホワイトストーン」で「祈り」を開催する
2020年 日本テレビ系「24時間テレビ」でライブペイントを披露する

お客様の声

初めて小松美羽さんを見たとき、どこかのアイドルグループに所属している人なのかと思いました。それはさておき、今回はチャリTシャツを査定に。ペイントが小さめの珍しいものらしく、メルカリ以上の価格をつけてもらえました。

神奈川県相模原市 W・M 様

オークション経由で仕入れた版画を試しに査定してもらいました。もうお試しどころか、元値より桁外れの査定額だったので、ここは本物だと感じました。口コミ通りの凄い専門店です。

東京都江東区 S・T 様

小松美羽と地元が一緒なので、何とか知人を伝って神獣系の逸品をゲット。査定は我楽洞と前もって決めていたので、スムーズに取引できました。ちなみに以前、情熱大陸で結婚していないと言っていましたが、今の交際関係も気になります。今回のことと全然関係ありませんが。

長野県千曲市 U・H 様

絵画-お客様の声3

有名な作家さんが描いたものだ、と他界した父が話していましたが、今回大掃除をして、この機会に処分することにしました。
必要としている人に渡ってくれればいいです。

神奈川県西区 U.T 様

絵画-お客様の声2

蔵からでてきた絵画が売れてすっきりしました。期待以上の金額で買取してもらいよかったです。担当の方も説明が上手でした。

厚木市神奈川県 T.N 様

絵画-お客様の声1

初めて絵画を売りました。
絵画の買取業者さんは敷居が高いと思っていましたが、鑑定士の方が丁寧に説明してくださいましたので満足しています。

品川区東京都 相川淳二 様

小松美羽作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの小松美羽作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。