取扱作家

白髪一雄(しらがかずお)

買取できる品目

白髪一雄(しらがかずお)は兵庫県尼崎市に生まれた日本の抽象画家です。
京都市立美術専門学校(現在の京都市立芸大)日本画科を卒業した後に洋画を制作するようになりました。

白髪の制作技法は、床にキャンバスを置きその上に手でこねた絵の具を乗せ、天井から垂らしたロープに掴まり縦横無尽に足で大型の作品を描く「フット・ペインティング」というものです。
過剰なほどに体を全体を使い、ダイナミックかつ暴力的に描いた作品を残しています。

略歴

1924年 兵庫県尼崎市に呉服商の長男として生まれる。
1942年 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科入学。
1948年 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科卒業後、洋画に転向。
1952年 現代美術懇談会に参加する。
1955年 具体美術協会会員となる。
1959年 イタリアのプレミオ・リソーネ国際展出品し、買上賞受賞。
1965年 第8回日本国際美術展に「丹赤」を出品し、優秀賞受賞。
1972年 具体美術協会解散。個展を中心に活動を始める。
1999年 文部大臣から地域文化功労者を受章。
2008年 敗血症のため逝去。享年83歳。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら