取扱作家

田中敦子(たなかあつこ)

買取できる品目

田中敦子(たなかあつこ)は、1932年に大阪に生まれた日本画家です。
京都市立絵画専門学校中退の後、大阪市立美術研究所で美術を研究しました。
作品は、ひとつひとつの光をひとりひとりの人間として捉え、無機質な存在感を表現しました。
200個以上の電球、ネオン管で集めて服として形付けた「電気服」の制作によって美術界に強いインパクトを与えました。

略歴

1932年 大阪府大阪市に生まれる。
1951年 京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)に入学し中退。
1954年 金山明、白髪一雄、村上三郎らによって結成された「0会展」に参加出品。
1955年 具体美術協会会員に入会。 第1回具体美術協会展に出品。
1956年 「電気服」を発表。
1957年 「舞台を使用する具体美術」展で「電気服」を使用したパフォーマンスを行い注目される。
1964年 第6回現代日本美術展(東京都美術館)出品し優秀賞受賞。
1965年 具体美術協会を退会。
1993年 第45回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品。
2001年 芦屋市立美術博物館と静岡県立美術館で大規模な個展を開く。
2005年 肺炎のため逝去。享年73歳。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら