取扱作家

富岡鉄斎(とみおか てっさい)

買取できる品目

富岡鉄斎富岡鉄斎(とみおか てっさい)は、1837年に京都で生まれた日本画家、儒教学者です。両親は僧侶が着る法衣に関わる商売を営んでいました。
幼少のころから勉学に励み、その際に神学を学び、西八条の六孫王神社に弟子入りしました。

また、大和絵、琳派、浮世絵などの絵画も合わせて勉強するようになりました。3
0歳から40代半までは神社の宮司を務めていました。
1893年(56歳)になると京都市美術学校の教員に就任します。
1924年、胆石症が悪化し死去。享年89歳。

1837年 京都(三条通新町東)に法衣商の次男として生まれる。
1855年 女流歌人大田垣蓮月尼に預けられ薫陶を受ける。
1856年 南宗画の小田海僊、大和絵の浮田一蕙に学ぶ。
1861年 長崎に赴き、長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲・小曽根乾堂らに師事。
1862年 私塾を開設。書画で生計を立て始める。
1869年 私塾立命館で教員となる。
1874年 松浦武四郎との交流から北海道を旅し、代表作「旧蝦夷風俗図」を描く。
1875年 山梨県甲府市を来訪。
1882年 京都薬屋町に転居する。この居を終生の住処とする。
1893年 京都市美術学校の教員に就任。
1914年 「安倍仲麻呂明州望月図」「円通大師呉門隠栖図」(重要文化財)を制作。
1917年 帝室技芸員。
1919年 帝国美術院会員。
1924年 胆石症が悪化し京都の自宅にて逝去。享年89歳。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら