山田正亮

山田正亮(やまだ まさあき)

1929年-2010年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの山田正亮(やまだ まさあき)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2020年7月30日 夏季休業日のお知らせ

山田正亮はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

山田正亮(やまだ まさあき)は、生涯で約5000点の絵画を残した日本の近代画家です。当初は戦時中の空襲被害や敗戦後の空虚感をテーマに掲げ、画家生活において3つのシリーズ作に取り組んでいます。2010年の他界後も、各種美術館やギャラリーで個展が定期的に開催されるなど、その人気ぶりは健在です。

我楽洞では、山田正亮の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

山田正亮の代表作品

  • Work C.65
    Work C.65
  • Work C.p 164
    Work C.p 164
  • Work D. 206
    Work D. 206

山田正亮作品の高額査定ポイント

作家本人あるいは遺族や知人からの寄与や依頼も大歓迎

「Still Life」や「Color」など、山田正亮の手がけた貴重な作品をお持ちでしたら、ぜひご連絡ください。腕利きの鑑定士陣が、しっかりと鑑定させていただきます。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

山田正亮の絵画買取に関してよくあるご質問

山田正亮の初期作品を売ろうと思っていますが、鑑定は確かなものでしょうか?

我楽洞は、全国の約500名の有力組合員で構成されている「東京美術商協同組合」に加盟しています。初期作品でも抜かりなく鑑定いたします。山田正亮の初期シリーズ作「Work」は希少価値で、相場も高騰しています。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

概算ではなく正確な査定額を知りたいのですが

鑑定士が実物を拝見したうえで、対象作品に見合った正しい査定額を算出します。メールによる画像添付などでは、トラブルにつながる恐れがあるため、正しい査定額はお答えできません。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

自宅が仙台にあるのですが、地元ではなかなか良い業者が見つからず、我楽洞に出張買取を依頼したいのですが、可能でしょうか?

はい。日本全国、どこでも出張買取が可能です。またその際の出張料は一切不要です。

初めて絵画の買取を依頼しようと思いますが、よくわからないことが多くて、問い合わせをためらってしまいます。

初めての方でも安心してご利用いただけるよう、査定や買取内容について丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

数十年前に親戚の叔父さんから頂いた絵画がありますが作品名が全くわかりません。これでも鑑定いただくことは可能でしょうか?

はい可能です。絵画に詳しい鑑定士が伺いますのでご安心ください。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

山田正亮について

1929年に東京都で生まれた山田正亮。第二次世界大戦を目前に控えた動乱の時期でした。少年期を生家の荏原町(現在の大田区周辺)で過ごし、学徒出陣の候補生として国分寺や小金井にあった陸軍養成所に通います。しかし学徒出陣を目前に控えた1945年、日本は終戦を宣告。終戦間際には、正亮の自宅が空襲で焼失する不幸にも見舞われました。翌年、正亮は兄弟とともに東大和市に移り住みます。画家として活動したのはこの時期といわれ、1949年に「第1回 日本アンデパンダン展」への出品を果たしました。また同年には東京都美術館で開催された「第13回 自由美術展」にも出品し、そこから継続して同展に参加しています。

その後、現代抽象絵画の先駆者である洋画家・長谷川三郎から学び、1958年に東京銀座の教文館画廊にて初の個展開催を実現した正亮。ちょうどこの時期までが、山田作品の初期シリーズとされる「Still Life」にあたります。東京で3度の空爆を受けた経験から、死を暗示するテーマとして静物画に取り組んだ作品群です。1956年以降は40年間にわたり、第2シリーズとなる「Work」を手がけます。この作品群で特筆すべき点は、自身の制作ノートに記した「全色彩」「色彩の等価性」「全体性」といった絵画の概念を具現化させたことです。線一つ取っても、入り組んだアラベスク形式から、ストライプやクロス、グリッドに変化させるなど、緻密かつ丁寧に本質と向き合います。第2シリーズ20年の節目となった1978年には、「Work」を3期に分けた個展を東京銀座の廉画廊で開き、これを機に世間から高評価を得ていきました。

1997年以降は、正亮シリーズの最終章となる「Color」を着手。画面の重層性を強調した作品群で、平面ながら立体感のある画風が特徴です。晩年の2005年には3部シリーズを展示した個展が話題を呼んだほか、没後の2016年に東京国立近代美術館で開かれた回顧展も好評のうち幕を閉じました。2015年には妻・山田光枝の意向により、一般社団法人として「山田正亮の会」を設立。光枝が逝去した2017年以降は、甥・山田順一が同会の理事に就任し、山田正亮作品の管理や運営にあたっています。

略歴

1929年 東京府荏原郡荏原町に生まれる
1943年 陸軍兵器行政本部製図手養成所に入所(現在の国分寺市)
1944年 東京都立機械工業学校第二本科機械科に入学(現在の小金井市)
1945年 東京の自宅を空襲で焼失。避難先でも空襲の被害を受ける
1949年 「第1回 日本アンデパンダン展」に出品
1953年 長谷川三郎に師事
1957年 根岸光枝と結婚
1958年 東京銀座の教文館画廊で初個展を開催
1989年 国立国際美術館で「ドローイングの現在」を開催
2005年 府中市美術館で個展「山田正亮の絵画-〈静物〉から〈Work〉・・・そして〈Color〉へ」を開催。文化庁長官表彰を受ける
2010年 胆管がんにより国立市の自宅兼アトリエにて逝去。享年81歳
2015年 妻・光枝により一般社団法人「山田正亮の会」が設立される
2016年 東京国立近代美術館にて「endless 山田正亮の絵画」が開催される
2018年 タカ・イシイギャラリー・ニューヨークにて「Work」シリーズを中心とした個展が開催される

お客様の声

Wikipediaで山田正亮を調べてもヒットせず、こちらの記事を手がかかりに査定を決めました。鑑定士さんも記事通り博学で、たくさんの引き出しで対応してもらい、納得できる結果に満足です。ありがとうございます。

長野県茅野市 E・K様

今まで正直、山田正亮の作品って、どこで売っていいのか分からなかったです。でもこちらのサイトを見て、「ここならちゃんと評価してくれそう」と思い、査定してもらいました。目利きの鑑定士に驚いたのはもちろん、査定額にびっくりしました。ここは超穴場サイトです!

東京都練馬区 T・H 様

祖父の遺品整理で見つけた絵画。それが山田正亮という画家のものと分かったのは、我楽洞に見てもらってからでした。話によると一流の画家らしく、お墨付きの絵画だったこともあって、私より鑑定した人の方が驚いていた記憶を鮮明に覚えています。とりあえず遺品はまだあるので、今後もよろしくです。

静岡県浜松市中区 N・S 様

絵画-お客様の声3

有名な作家さんが描いたものだ、と他界した父が話していましたが、今回大掃除をして、この機会に処分することにしました。
必要としている人に渡ってくれればいいです。

神奈川県西区 U.T 様

絵画-お客様の声2

蔵からでてきた絵画が売れてすっきりしました。期待以上の金額で買取してもらいよかったです。担当の方も説明が上手でした。

厚木市神奈川県 T.N 様

絵画-お客様の声1

初めて絵画を売りました。
絵画の買取業者さんは敷居が高いと思っていましたが、鑑定士の方が丁寧に説明してくださいましたので満足しています。

品川区東京都 相川淳二 様

山田正亮作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの山田正亮作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。