金山平三(かなやま へいぞう)

1883年-1964年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの金山平三(かなやま へいぞう)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2019年8月6日 夏季休業日のお知らせ

金山平三はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

金山平三(かなやま へいぞう)は、若くして帝展審査委員を務め、帝室技芸員にも選ばれた大正・昭和期の洋画家です。晩年は世俗的な名声を捨てて、山形の奥地で隠棲生活を送り、「大石田の最上川」を代表する、雪を描いた名画を多く残しています。

我楽洞では、金山平三の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

金山平三の代表作品

  • 寄セ波
    寄セ波
    漁場を描いた作品が多いなか、単体の風景画として残したものが寄セ波です。
  • 田代湖
    田代湖
    山村生活を象徴する、自然風景を描いた「田代湖」。

金山平三作品の高額査定ポイント

金山平三の画集は高額買取が可能

「樽前山」や「舞妓」などの画集作品をお持ちであれば、高値で買い取りできる場合もあります。ぜひ我楽洞の無料査定をご利用ください。

鑑定書つきで査定時間が短縮

鑑定書は対象作品の価値を証明する1つです。査定がスムーズに進むほか、加算評価になる場合もあります。

作品集や専門誌に掲載されている作品は査定額に期待

作品集や専門誌に取り上げられると知名度が上がり、作品の価値もつく傾向にあります。

買取できる品目

金山平三の絵画買取に関してよくあるご質問

金山平三の大石田以外の作品を売ろうと思っていますが、鑑定は確かなものでしょうか?

我楽洞は、全国の約500名の有力組合員で構成されている「東京美術商協同組合」に加盟しています。初期作品でも抜かりなく鑑定いたします。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

LINEやメールで査定金額を教えてもらえるのでしょうか?

作品画像と作品情報の添付が、最低限として必要になります。情報が揃い次第、概算を返信いたします。

自宅が仙台にあるのですが、地元ではなかなか良い業者が見つからず、我楽洞に出張買取を依頼したいのですが、可能でしょうか?

はい。日本全国、どこでも出張買取が可能です。またその際の出張料は一切不要です。

初めて絵画の買取を依頼しようと思いますが、よくわからないことが多くて、問い合わせをためらってしまいます。

初めての方でも安心してご利用いただけるよう、査定や買取内容について丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

数十年前に親戚の叔父さんから頂いた絵画がありますが作品名が全くわかりません。これでも鑑定いただくことは可能でしょうか?

はい可能です。絵画に詳しい鑑定士が伺いますのでご安心ください。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

金山平三について

金山平三は1883年、兵庫県神戸市元町通3丁目に金山家の第四子として生まれます。1898年に神戸市神戸花隈町に転居。神戸尋常小学校と東京立教中学校を経て、1905年に東京美術学校・西洋画科に入学します。主任教授の黒田清輝に指導されて学び、1909年に主席で卒業。1912年には渡仏し、パリを拠点としてヨーロッパ各地で写生に赴く生活を4年間、送りました。

帰国後は神戸花隈町の実家に戻り、翌年の第10回文展(文部省美術展覧会)に小豆島で描いた「夏の内海」を初出品すると、特選第二席として文部省の買い上げとなる快挙。翌1917年には、長野県下諏訪で描き、第11回文展に出品した「氷辷り」が、特選第一席を果たします。1919年の牧田らくとの結婚を機に東京小石川に転居するも、下諏訪からの出品スタイルは続きました。また、金山が36歳という若さで帝展審査委員に選ばれたのも、この年のことでした。

1923年には、晩年の地となる山形県北村山郡大石田を訪れて、滞在しています。1925年に東京下落合にアトリエを完成させ、帝展に出品する生活がしばらく続きました。しかし、1935年に起きた帝国美術院改組に伴う混乱で出品を拒み、それ以降は中央画壇から離れることに。団体にも属さず孤高の画業を歩んでいきます。

終戦間際の1944年、現在の人間国宝の前身にあたる帝室技芸員に選出。中央画壇とは一線を置くも、金山の芸術性が世に認められた出来事でした。翌1945年に大石田と隣接する横山村に疎開すると、歌人である斎藤茂吉と親交を深め、1947年には大石田に移住して、その後の生涯の拠点としました。中央団体との確執は長らく続いたものの、1956年の日本橋高島屋で開催された「金山平三画業五十年展」は、200点以上の大規模な出展と、金山の健在ぶりをアピールする場になりました。

現在、金山作品は、夫人によって寄贈された兵庫県立美術館内にある「金山平三記念室」で見ることができます。そのほか、茨城県にある、日動画廊の創業者により創設された「笠間日動美術館」でも展示されています。

略歴

1883年 兵庫県神戸区(現在の神戸市中央区)元町通3丁目にて、金山春吉、ひさの第四子として生まれる
1905年 東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科本科に入学
1909年 東京美術学校西洋画科を主席で卒業し、西洋画科研究科に進学。自画像を制作
1911年 西洋画科研究科を退学し、神戸へ帰る
1912年 フランスにわたる
1915年 フランスから帰国する
1916年 第10回文展(文部省美術展覧会)「夏の内海」を初出品。初入選かつ特選第二席で文部省買い上げとなる
1917年 「氷辷り」が第11回文展の特選第一席になる
1919年 牧田らくと入籍。帝国美術院の創設に伴い第1回帝展(帝国美術院展覧会)に「雪」「花」を出品。帝展審査委員に選ばれる。以降第14回まで連続出品を果たす
1922年 第4回帝展に「菊」「下諏訪のリンク」を出品
1924年 明治神宮聖徳記念絵画館壁画のうち「日清役平壌戦」の制作を依頼される
1925年 東京府豊多摩郡落合町大字下落合(現在の新宿区中井2丁目)にアトリエが完成する
1929年 第10回帝展に大石田で描いた「東北地方の春」を出品
1932年 ロサンゼルス美術館で開催された芸術競技展に「下諏訪のリンク」を出品(ロサンゼルスオリンピックに向けた出品)
1935年 帝国美術院改組と帝国美術院管制制定により、美術界に騒動がおこる
1936年 文展(文部省美術展覧会)の審査員に選出されるも辞退。同展をめぐり第二部会が分裂する
1944年 帝室技芸員となる
1945年 神戸大空襲で実家が罹災し、作品が焼失。東京帝室博物館に「漁村(北陸道の冬)」を寄贈する
1946年 文部省より日展(日本美術展覧会)の審査員に選ばれるも辞退
1947年 山形県横山村から大石田に移る。大石田が生活の拠点となる
1953年 東京国立近代美術館で開催された近代洋画の歩み-静養と日本展に、「夏の内海」「下諏訪のリンク」が出品される
1956年 日本橋高島屋にて「金山平三画業五十年展」が開催。多数の未発表作を含む240点が出品される
1957年 日本芸術院会員に任命される
1959年 日展顧問を委嘱される
1961年 川崎重化学工業株式会社に自選作品100点の保菅を依頼。らく夫人を伴いヨーロッパ旅行へ
1962年 神戸・大丸にて「神戸が生んだ巨匠金山平三画伯展」が、東京・日動画廊にて「金山平三・佐竹徳展」が開催される
1964年 心外腹炎のため東京大塚のガン研附属病院で逝去。享年80才

お客様の声

我楽洞の鑑定士さんは、テレビの鑑定団に出ても不思議ではないくらいの凄腕だと思います。というより、いつかテレビに出てください。

大阪府東大阪市 O・M 様

アマゾンとかヤフオクとかで事前に査定額を確かめたうえで、こちらに依頼しましたが、断然上でした。やっぱりプロの鑑定があると全く違いますね。

茨城県牛久市 Y・T 様

ネットの口コミで我楽洞を知りましたが、まずまずの買い取り額でした。改めてありがとうございました。私もつぶやこうと思います。

埼玉県蕨市 M・M 様

絵画-お客様の声3

有名な作家さんが描いたものだ、と他界した父が話していましたが、今回大掃除をして、この機会に処分することにしました。
必要としている人に渡ってくれればいいです。

神奈川県西区 U.T 様

絵画-お客様の声2

蔵からでてきた絵画が売れてすっきりしました。期待以上の金額で買取してもらいよかったです。担当の方も説明が上手でした。

神奈川県厚木市 T.N 様

絵画-お客様の声1

初めて絵画を売りました。
絵画の買取業者さんは敷居が高いと思っていましたが、鑑定士の方が丁寧に説明してくださいましたので満足しています。

東京都品川区 相川淳二 様

金山平三作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの金山平三作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。