小磯良平メイン画像

小磯良平(こいそ りょうへい)

1903年-1988年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの小磯良平(こいそ りょうへい)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2019年8月6日 夏季休業日のお知らせ

小磯良平はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

小磯良平(こいそ りょうへい)は、日本を代表する洋画家です。具象絵画の巨匠と呼ばれ、女性像を中心とする“正確なデッサン”と“美しい筆勢”が特徴。庶民感覚ながらモダンな気品も持ち合わせる、伝統的な西洋絵画を画風としています。

我楽洞では、小磯良平の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

小磯良平の代表作品

  • 椅子にかける女
    椅子にかける女
    同シリーズではモノクロが多くあるなか、希少なカラーバージョンの作品です。
  • 裁縫する女
    裁縫する女
    小磯作品の20選に入るといわれている「裁縫する女」。人気作品です。
  • 赤い帽子とヴァイオリンと西洋人形
    赤い帽子とヴァイオリンと西洋人形
    小磯作品の主流である人物画とは一味違った、モダンなテーマに定評があります。

小磯良平作品の高額査定ポイント

小磯良平は「具象画の油絵」が高価買取対象

小磯良平の全作品集や画集に見られる、具象画の油絵は高値で買い取ることができます。

作品集や専門誌に掲載されている作品は査定額に期待

作品集や専門誌に取り上げられると、知名度が上がり、作品の価値もつく傾向にあります。

査定を左右する保存状態

劣化や損傷のない作品は、査定で高評価として判断されます。シミやカビなどは、査定の減点対象です。

鑑定書つきで査定時間が短縮

鑑定書は対象作品の価値を証明する1つです。査定がスムーズに進むほか、加算評価になる場合もあります。なお、我楽洞が認める鑑定書は、基本的に明治期以降のものとしております。

買取できる品目

小磯良平の絵画買取に関してよくあるご質問

小磯良平の作品を売るとしたら、何が狙い目ですか?

一概にはいえませんが、1940年代から1970年にかけて制作した西洋画が高値になる傾向にあります。

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

LINEやメールで査定金額を教えてもらえるのでしょうか?

作品画像と作品情報の添付が、最低限として必要になります。情報が揃い次第、概算を返信いたします。

査定金額に納得できなかった場合は、断っても大丈夫ですか?

お断りいただいても問題ありません。その旨を電話やメールでお伝えください。

自宅が仙台にあるのですが、地元ではなかなか良い業者が見つからず、我楽洞に出張買取を依頼したいのですが、可能でしょうか?

はい。日本全国、どこでも出張買取が可能です。またその際の出張料は一切不要です。

初めて絵画の買取を依頼しようと思いますが、よくわからないことが多くて、問い合わせをためらってしまいます。

初めての方でも安心してご利用いただけるよう、査定や買取内容について丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

数十年前に親戚の叔父さんから頂いた絵画がありますが作品名が全くわかりません。これでも鑑定いただくことは可能でしょうか?

はい可能です。絵画に詳しい鑑定士が伺いますのでご安心ください。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

小磯良平について

小磯良平画像1903年に8人兄弟の次男として神戸市中山手通に生まれた小磯良平は、貿易商を営むクリスチャンの家庭で育ちます。当時の神戸といえば、旧外国人居留地を中心に発展する、洋館が立ち並ぶ街並み。幼少期の小磯は、西洋的な環境と触れ合える日常で、飽きずに絵を描く少年でした。

兵庫県立第二神戸中学校(現在の兵庫県立兵庫高等学校)に進学すると、生涯の親友であり、のちに神戸を代表するモダニスト兼詩人の竹中郁と出会います。卒業後は東京美術学校(現在の東京藝術大学)の西洋画科に進み、帝国美術院美術展覧会にて「T嬢の像」が特選を受賞。在学中の特選は異例と称され、無名だった小磯は洋画界で鮮烈なデビューを飾りました。

東京美術学校を主席で卒業した翌年には、念願であったフランスに留学して、西洋絵画の薫陶を受けます。一足先に到着していた竹中とともに過した2年間は、学校での絵画技法の習得より、アングルをはじめとする巨匠たちの作品、踊りやクラシックなどの文化と多く触れ合った時期です。ルーブル美術館を訪れた際には、パオロ・ヴェロネーゼの「カナの婚礼」に衝撃を受けています。このことがきっかけで、小磯の生涯のテーマとなる「群像表現」が確立していきました。

1938年には、従軍画家として中国にわたります。1年間の滞在時間を経て帰国後、開戦を直前に平和を待ち望む祈りを込めた「斉唱」、日中戦争の分岐点の様子を描いた「娘子関を征く」など、小磯の傑作と呼び声が高い戦争画を発表。終戦直後には住吉山手にアトリエを構え、地元神戸を拠点に精力的に絵筆を振るいました。

その後、母校である東京藝術大学で教授を務め、多くの教え子を輩出。定年退官後は、赤坂迎賓館の大広間にある壁画「絵画」「音楽」を制作しています。長きにわたり日本の洋画界に大きく貢献したことから、東京藝術大学の名誉教授の号を授与されました。

一方、小磯は徒弟制度に抵抗があったようで、直接の弟子はいませんが、兵庫県文化賞を受賞した洋画家・石坂春生らが師事したことでも有名です。石坂は小磯の家族とも昔から親交を深めており、2015年には小磯の次女・嘉納邦子との特別対談も実現しています。

略歴

1903年 旧三田九鬼藩の旧家で、貿易商を営む岸上家の8人兄弟姉妹の次男として、神戸市神戸(現中央区)の中山手通7丁目に生まれる
1921年 竹中郁と訪れた倉敷で開催中の「現代フランス名画家作品展覧会」が、小磯の画家人生のきっかけとなる
1922年 東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)西洋画科に入学。のちに洋画家として名を馳せる猪熊弦一郎や荻須高徳らの同期と肩を並べる
1925年 「兄妹」が帝展(帝国美術展覧会:現在の日本美術展覧会)に入選
1926年 「T嬢の像」が帝展特選を果たす
1927年 東京美術学校を主席で卒業。規定課題の「自画像」と竹中郁をモデルにした「彼の休息」の2作品で最高得点(98点)を取得
1928年 フランスに留学する
1930年 フランスから帰国
1933年 神戸でキリスト教(組合教会系)の洗礼を受ける
1936年 旧知の猪熊弦一郎ら9名と美術団体である「新制作派協会(現在の新制作協会)」を結成
1938年 藤田嗣治らとともに1年間、中国にわたる
1940年 朝日文化賞を受賞する
1941年 「斉唱」「娘子関を征く」を発表。太宰治が出版した「東京八景」の装丁を手がける
1942年 「娘子関を征く」が第1回帝国芸術院賞(現在の日本芸術院賞)を受賞
1947年 「兵庫県民歌」楽譜の表紙画を手がける
1970年 日本聖書協会の依頼により32点の聖書の挿絵を完成させる
1974年 赤坂迎賓館の壁画に「絵画」「音楽」を作成する
1983年 文化勲章を受章する
1988年 肺炎のため神戸市東灘区の甲南病院で死去。享年85
1992年 神戸市立小磯記念美術館が開館。「小磯良平大賞展」は国内最高賞金の公募展に
2018年 「没後30年 小磯良平展」が開催、故谷川大尉像(油絵肖像画)が注目される。近代美術/近代美術PartⅡ/戦後美術&コンテンポラリーアート(オークション)の落札価格も脚光を浴びる
2019年 兵庫県立美術館にある小磯良平記念室でコレクション展が開催される

お客様の声

早く売れたのでネットオークションを使うよりいいかもしれません。
査定結果も満足してます。ちなみに小磯良平さんのお孫さんと知り合いです。

東京都青梅市 T・K 様

亡き父が残したものを査定してもらいその額に驚きました。
そのとき初めて小磯良平を知り、改めてその知名度に驚かされたほどです。やはり美術や骨董の専門家に尽きます。

東京都世田谷区 M・R 様

なんでも疑ってかかる性格なので、多分、鑑定士の方も嫌な思いをされたと思いますが、
丁寧に詳しく色々と教えていただき、納得のいく取引でした。ありがとうございます。

神奈川県川崎市 T・T 様

絵画-お客様の声3

有名な作家さんが描いたものだ、と他界した父が話していましたが、今回大掃除をして、この機会に処分することにしました。
必要としている人に渡ってくれればいいです。

神奈川県西区 U.T 様

絵画-お客様の声2

蔵からでてきた絵画が売れてすっきりしました。期待以上の金額で買取してもらいよかったです。担当の方も説明が上手でした。

神奈川県厚木市 T.N 様

絵画-お客様の声1

初めて絵画を売りました。
絵画の買取業者さんは敷居が高いと思っていましたが、鑑定士の方が丁寧に説明してくださいましたので満足しています。

東京都品川区 相川淳二 様

小磯良平作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの小磯良平作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。