今村紫紅メイン画像

今村紫紅(いまむら しこう)

1880年-1916年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの今村紫紅(いまむら しこう)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2019年8月6日 夏季休業日のお知らせ

今村紫紅はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

今村紫紅(いまむら しこう)は、色彩が持ち味の日本画家として、明治中期から大正初期にかけて活躍しました。紫紅が20代のとき安田靫彦とともに、岡倉天心を師事。35年という短い生涯でしたが、晩年には「熱国乃巻」や「風神雷神」などの個性的な作品を残しています。

我楽洞では、今村紫紅の作品の買取を強化しておりますので、買取の際にはぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

今村紫紅の代表作品

  • 伊達政宗
    伊達政宗
    かつて横浜美術館にも出展された、紫紅作品を代表する隻眼の伊達政宗。
  • 閑庭
    閑庭
    紫紅が残した数少ない作品のなかでも、希少な風景画として評価される傑作。
  • 東海道左富士
    東海道左富士
    世界遺産の影響を受けてか、オークション価格が上昇している紫紅の名作です。

今村紫紅作品の高額査定ポイント

今村紫紅の作品だから高価買取対象

若くして亡くなられた日本画家のため、あまり作品の数を残していないのが今村紫紅です。希少価値が高く、狙い目といえます。

作家本人あるいは遺族の方から寄与や依頼もOK

「東海道左富士」や「伊達政宗」など、今村紫紅の手がけた貴重な作品をお持ちでしたら、ぜひご連絡ください。プロの鑑定士陣が、しっかりと鑑定させていただきます。

作品集や専門誌に掲載されている作品は査定額に期待

作品集や専門誌に取り上げられると、知名度が上がり、作品の価値もつく傾向にあります。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

買取できる品目

今村紫紅の掛軸買取に関してよくあるご質問

地方都市や大きな作品ですが出張査定・買取は可能ですか?

問題ありません。事前に査定希望の旨をお問い合わせ窓口よりお伝えください。

オークションの価格はあてになりますか?

落札価格はあてになりませんが、ブックメーカーに見られる相場と査定は通じる部分もあります。
なお、ヤフオクの相場はその限りではありません。

LINEやメールで査定金額を教えてもらえるのでしょうか?

作品画像と作品情報の添付が、最低限として必要になります。
情報が揃い次第、概算を返信いたします。

概算ではなく正確な査定額を知りたいのですが

鑑定士が実物を拝見したうえで、対象作品に見合った正しい査定額を算出します。
メールによる画像添付などでは、トラブルにつながる恐れがあるため、正しい査定額はお答えできません。

どんな掛軸が人気がありますか?

作家や作品によりますが、特に山水画、花鳥画、仏画は全般的に高価で買取ができる可能性があります。

数十年前に親戚から有名な作家の掛軸を受け取りましたが、今後ちゃんと管理しきれないかもしれないので、今回、買取をお願いしたいです。

ぜひ買取をさせていただければと思います。我楽洞では貴重な作品を適正に保管、管理いたします。

掛軸が15本ほどあり、買取をお願いしたいです。平日は仕事のため、土曜日に出張して査定いただくことはできますか?

土曜日に伺うことは可能です。日程の調整がありますのでお早めのご連絡をお願いしております。

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

今村紫紅について

今村紫紅(いまむらしこう)は、将来を大きく期待されながら35歳という若さでこの世を去った日本画家です。本名は寿三郎。

1880年に提灯屋の三男として横浜で生まれた紫紅は、15歳のとき山田馬介という画家にターナー風の水彩画を学びます。17歳のときには、兄から大和絵の教えを受けるも、厳しい指導の元、描写の正確さや色の加減などを学んでいきます。弱冠18歳にして日本美術協会展で初入選を果たすと、その2年後には美術団体である紅児会に入会。人生の転機が訪れたのは1907年、紫紅が26歳のときでした。紅児会で出会った生涯の友である安田靫彦とともに、美術運動家として日本の近代美術に大きく貢献した岡倉天心を師事します。天心は横山大観らも指導しており、後に紫紅と靫彦は「大観に次ぐ第2世代」と呼ばれたほどです。

また、紫紅は江戸時代初期の画家である俵屋宗達に影響を受けたことが、天心に認められ、そこから宗達の再評価につながったというエピソードも知られています。

1911年には、古画の特徴を忠実に再現しながらも、柔らかく美しい色彩でまとめた「護花鈴」を出品。その技術は、現在の横浜市の名所として有名な三渓園の創始者・原三渓を魅了して、紫紅の援助にいたったという逸話が残されています。翌1912年の第6回文展にて二等賞を受賞した「近江八景」で、紫紅独自の描写スタイルが確立されます。

1914年に単身でインドに渡った紫紅は、紫紅作品の頂点といわれる「熱国乃巻」を出品。それまでの大和絵に新たな手法を加えた、大胆な構図かつ華麗な色彩が特徴の力作として好評を受けました。それから2年後の1916年、紫紅は35年の短き生涯を遂げています。紅児会時代には分派である巽画会のリーダー的な立場として、新日本画の開拓を率先。その後は若手の親分格として、日本の芸術の革新に尽くしたものの、飲酒による病には勝てませんでした。

略歴

1880年 提灯屋の三男として横浜市に生まれる(現在の馬車道駅付近)
1895年 画家の山田馬介よりターナー風の水彩画を学ぶ
1897年 兄の厳しい水彩画指導により、独特な色彩の感覚を習得していく
1898年 日本美術協会展にて初入選
1900年 紅児会に入会。安田靫彦と出会う
1907年 安田靫彦とともに、横山大観らを指導した岡倉天心を師事
1911年 護花鈴の出品を機に原三渓より援助を受ける
1911年 俵屋宗達筆の風神雷神を独自のスタイルで描いて出品する
1912年 近江八景で二等賞を受賞して、紫紅独自の作品スタイルを確立する
1914年 インドへ単身で渡った後、紫紅の頂点といわれる熱国乃巻を出品する
1916年 肝臓病と脳溢血により急逝。35年の人生に幕を閉じる

お客様の声

今村紫紅は、子どものころに連れられて行った横浜美術館の展覧会での記憶がありました。思った以上の買取額だったので、実はスゴイ人だったんですね。

神奈川県横浜市 匿名希望 様

感じのよい応対でしたので、迷うことなく安心して任せられました。きっと今度買う人も喜んでくれると思います。

東京都稲城市 H・M 様

写真とかでも見たことない今村紫紅さんですが、高く売れるものなんだとビックリしました。

東京都大田区 M・H 様

掛け軸-お客様の声3

父の遺品整理で美術品が出てきたので、買取を依頼しました。
たくさんあったのですが、すべて買取してくれました。ありがとうございました。

東京都大田区 匿名希望 様

掛け軸-お客様の声2

掛軸をコレクションしていた父が数年前に亡くなり、代わりに連絡してみました。
最初はいろいろとわからないことが多いので不安でしたが電話口の担当の方がやさしくおしえてくれました。
当日の鑑定士の方もしっかり見てくれ買取してくれました。ありがとうございました。

神奈川県川崎市 田中巧 様

掛け軸-お客様の声1

買取金額が意外と高くて、担当の人がちゃんとわかりやすく説明してくれたので、がらくどうさんで掛軸と日本画を買い取ってもらって良かったです。

東京都中央区 F.H 様

今村紫紅作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの今村紫紅作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。