取扱作家

青木木米

買取できる品目

青木木米-瓜模様鉢青木木米(あおきもくべい)は、1767年に京都に生まれた絵師、陶芸家です。
子供のころから書を学び、才能を発揮します。その後、作陶に興味を持ちます。30歳になると京都・粟田口に自身の窯を開き、煎茶器などを制作し、人気を博します。

35歳のころ、加賀藩前田家からの依頼により加賀九谷焼の再生を依頼されました。
中国の陶磁器への研究もすすめ、その際、絵画も制作しました。1833年(67歳)で亡くなりました。

略歴

1767年 京都に生まれる。
1795年 清の朱笠亭が著した「陶説」を読んで感銘を受けて作陶を志す。
1796年 京都・粟田口に窯を開く。
1801年 加賀藩前田家に招かれ、加賀九谷焼の再生に尽力する。
1807年 金沢の春日山に春日山窯を開く。
1820年 「上奥殿侯書」を著わす。
1833年 逝去。享年67歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら