取扱作家

池大雅(いけの たいが)

1723年-1776年

池 大雅(いけの たいが)は、江戸時代中期の京都出身の画家です。
中国絵画の新様式をもとに独自の画風を確立して活躍しました。大雅が描く画はほとんどが風景画で、代表作としては、楼閣山水図・山亭雅会図などが有名です。
池 大雅の作品のことなら書画・絵画・歴史的美術品に詳しい我楽洞にぜひご連絡ください。

買取できる品目

池大雅-楼閣山水図池大雅(いけのたいが)は1723年に京都で生まれた画家です。幼いころに父親を亡くし経済的に苦しい中、勉学に興味を持ち、多くの書物を読んでいました。

文人画家、詩人である柳沢淇園(やなぎさわきえん)に才能を見出され画を描くようになります。独自に絵画の研究も積極的に行い、西洋画や室町絵画の表現方法も学び、作品の制作に活かしました。

作品は、日本の風景や中国の故事を題材にしたものを多く制作しました。1776年(53歳)で逝去。

略歴

1723年 京都銀座役人の下役の子として生まれる。
1730年 本格的に唐様の書を学び始める。
1738年 扇屋を構え、扇絵で生計を立てる。大和郡山藩の絵師、柳沢里恭に師事する。
1749年 重要文化財「陸奥奇勝図巻」を描く。
1762年 重要文化財「倣王摩詰漁楽図」を描く。
1776年 逝去。享年54歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら