取扱作家

狩野山楽(かのう さんらく)

1559年-1635年

安土桃山から江戸時代の初期に活躍した絵師、狩野山楽(かのう さんらく)は、
豊臣秀吉に仕え、狩野永徳の養子となり大画様式を学びます。永徳が病で倒れた後は、秀吉の御用絵師として大阪城の障壁画など数多くの壁画を描きました。
狩野山楽の作品のことなら書画・絵画・歴史的美術品に詳しい我楽洞にぜひご連絡ください。

買取できる品目

狩野山楽-龍虎図屏風狩野山楽(かのう さんらく)は、1559年に生まれた画家です。浅井長政の家臣であった木村永光の子です。
幼いころから絵画に興味を持ち、狩野永徳(唐獅子図屏風、洛中洛外図屏風などの作品で有名)の弟子となりその後、養子になりました。

狩野永徳からの指導によって腕を磨いていきました。山楽は独自の感性で対象物を写実的に捉えて描く能力に優れており、のちに豊臣秀吉、秀頼に仕える絵師として活躍しました。1635年(76歳)で逝去。

略歴

1559年 近江国蒲生郡に浅井長政の家臣・木村永光の子として生まれる。
1590年 永徳が死去した後、秀吉、秀頼の命により豊臣家の御用絵師となる。
1635年 逝去。享年77歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら