取扱作家

尾形乾山(おがた けんざん)

1663年-1743年

江戸時代に活躍した陶芸家の尾形乾山(おがた けんざん)は、光琳(こうりん)の弟であり野々村仁清から作陶を学び、京都で活躍した陶芸家です。
尾形乾山の作品のことなら絵画・歴史的美術品に詳しい我楽洞にぜひご連絡ください。

買取できる品目

尾形乾山-茶碗 銘夕顔尾形乾山(おがたけんざん)は、1663年に京都に生まれました。6歳年上の兄は、画家として有名な尾形光琳です。派手好きな兄とは対象的に堅実な性格で地味な生活を送っていました。
兄と折半で譲り受けた父親の遺産は書物などの購入に当てていました。日々、学問に努め、その中で陶芸も学んでいました。

その後、本格的に陶芸家として道を歩みます。乾山が陶器を作り、そこに光琳が絵を描いた作品もあります。
81歳(1743年)で生涯を閉じました。

略歴

1663年 京都の呉服商「雁金屋」の当主、尾形宗謙の三男として生まれる。
1687年 父、宗謙が死去。兄・光琳と折半で財産を相続する。
1689年 仁和寺の南に習静堂を構え、参禅や学問に励む。
1699年 京都の鳴滝泉谷に開窯する。
1712年 京都市内の二条丁子屋町(現・二条通寺町西入北側)に移住。
1731年 江戸・入谷に移住。
1743年 逝去。享年81歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら