取扱作家

俵屋宗達(たわらやそうたつ)

買取できる品目

俵屋宗達俵屋宗達(たわらやそうたつ)は、生没年不詳の絵師です。生前の活動については不明な点も多くありますが、当時、大変人気のあった絵師であったことが推測されます。

1630年には、当時としては珍しく絵師である俵屋宗達に対し、僧侶の位である法橋(ほっきょう)の位が与えられています。それほどまでに社会的に認められていたことがわかります。
代表作品としては、金の屏風に風神様と雷神様が勇ましく描かれた「風神雷神図」が有名です。

略歴

1570年代 1570年代かその少し前に生まれたと推定されている。
1602年 福島正則の命令で行われた平家納経の修復に関わる。
1616年 後水尾天皇が狩野興以に貝合わせの絵を描くよう命じられる。
1630年 後水尾天皇から屏風3双の制作依頼を受ける。法橋の位を与えられる。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら