取扱作家

土佐光起

買取できる品目

土佐光起土佐光起(とさみつおき)は1617年に生まれた絵師です。
土佐家は代々、宮廷の大和絵を手がけていましたが、室町時代のころから狩野派が支持されるようになり、その勢力に押され気味でした。

しかし、光起のころから京都御所の建設で襖絵、壁画絵を制作しました。その功績などが認められ、のちに法橋(僧侶の位)を与えられました。
作品は朝廷の様子を描いたものから自然、草木や人々の生活を描いたものまで様々です。1691年(74歳)で逝去。

略歴

1617年 大阪堺に生まれる。
1634年 京都に移る。
1654年 従五位下左近衛将監に叙される。
1659年 宮廷の絵所預職に就く。
1681年 息子・光成に宮廷絵所預の地位を譲り、法橋となる。
1685年 法眼に叙される。
1690年 「本朝画法大伝」を制作する。
1691年 逝去。享年75歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら