取扱作家

浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう)

1745年-1820年

江戸時代の文人画家、浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう)は、
50歳で脱藩し、文人画家として活動を始めます。代表作の「凍雲篩雪(とううんしせつ)図」は、川端康成の愛蔵品として知られています。
浦上玉堂の作品のことなら書画・絵画・歴史的美術品に詳しい我楽洞にぜひご連絡ください。

買取できる品目

浦上玉堂-国宝 凍雲篩雪図浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう)は、1745年に岡山で生まれた画家です。16歳から鴨方藩主であった池田政香に仕えていました。37歳には藩の重職につくことになります。

本格的に絵を描いたのは、40歳を過ぎた頃で、主に山水画「凍雲篩雪図」「煙霞帖」などを描き続けていました。
しかしながら、玉堂自身は「画家」として扱われるのを嫌いました。気の向くままに絵を描きたいと生涯、思っていたそうです。1820年(76歳)京都で逝去。

略歴

1745年 岡山藩の支藩鴨方藩の末子として生まれる。
1751年 7歳で家督を相続する。
1779年 明の顧元昭の七弦琴「玉堂清韻」を得る。
1784年 画業に本格的に打ち込み始める。
1787年 大目付を解かれ左遷される。
1794年 脱藩し、春琴、秋琴をつれて岡山を発つ。
1811年 京都に戻る。
1820年 逝去。享年76歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら