取扱作家

渡辺崋山

買取できる品目

渡辺崋山渡辺崋山(わたなべ かざん)は、1793年に愛知で生まれた武士であり、画家です。

子供のころから生計を立てるために画を描いていました。画力を向上させるために地域にいた画家に弟子入りします。清の惲寿平から影響を受け、それを独自の感性で表現しています。

作品は当時の人々の生活ぶりがわかる生活風俗を取り扱う画家として知られるようになります。1841年(48歳)で逝去。

略歴

1793年 江戸・麹町に田原藩士の父・渡辺定通の長男として生まれる。
1805年 徂徠学派の儒学者である鷹見星皐から教えを受ける。
1811年 昌平坂学問所に通い佐藤一斎から教えを受ける。
1823年 田原藩の和田氏の娘・たかと結婚
1825年 父の病死のため32歳で家督を相続。蘭学や兵学の研究を始める。
1828年 名を崋山と改める。
1832年 家老に就任する。
1833年 高野長英・小関三英らによって結成された「尚歯会」に参加する。
1841年 逝去。享年49歳。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら