久保田一竹(くぼた いっちく)

1917年-2003年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの久保田一竹(くぼた いっちく)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
また、東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2018年8月9日 夏季休業日のお知らせ

久保田一竹作品はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

久保田一竹(くぼた いっちく)は染色工芸家で多くの着物を創り上げています。我楽洞ではこの作品を幅広く買取しております。久保田一竹の作品、着物の買取依頼をご検討されていましたら、ぜひ我楽洞にご相談ください。

我楽洞では、久保田一竹の作品の買取を強化しておりますので、ぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

久保田一竹作品の買取について

略歴

1917年 東京神田の骨董品屋の息子として生まれる。
1931年 友禅師小林清師のもとに入門。
1934年 大橋月皎師に人物画を学ぶ。
1936年 北川春耕師に日本画を学ぶ。
1937年 東京国立博物館で室町時代の「辻が花染め」の小裂に出会う。
1944年 太平洋戦争に応召し出兵。
1957年 本格的に『辻が花』の研究を始める。
1962年 『一竹辻が花』として自己流の辻が花を発展させる。
1977年 初めて自身の装飾着物の展覧会を開催。
1990年 「フランス芸術文化勲章」シェヴァリエ章を受賞。 
1993年 文化庁長官賞を受賞。
1994年 河口湖畔に自ら「久保田一竹美術館」を建設。
2000年 ベルリンとウィーンにて個展を開催。
2003年 逝去。享年85歳。

久保田一竹(くぼたいっちく)は1917年、東京の神田の骨董品店の息子として生まれた染色工芸家です。小さなころに関東大震災が起き、骨董品店の商品がすべて全焼したところを目の当たりにし、将来自分で何かしらの技術を身につける必要があると考えました。

17歳(1934年)で画家の大橋月皎(おおはしげっこう)から人物画を学び、その2年後には、北川春耕から日本画、山水画、水墨画を学びます。1937年に東京国立博物館で目にした室町時代の「辻が花染め」の布地の小裂(こぎれ)に魅力を感じ、強く心に刻まれたようです。一竹は、「辻が花染め」を過去の図柄で終わらないように現代の美術的センスを融合させようと研究を始めました。しかし、27歳(1944年)で太平洋戦争へ出兵し、敗戦に伴い捕虜となりシベリアに抑留されます。捕虜となっている間も監視官に見つからないように布を染めたり、筆で絵柄を描くなどしていました。

その後、帰国することができ、1957年に本格的に「辻が花」の研究を始めます。60歳(1977年)になると初めて自身の着物の展覧会を開催することができました。そして徐々に世間からの評価が高まりました。1990年にはフランス芸術文化勲章シュバリエを受章。そして1994年に久保田一竹美術館が山梨の河口湖の近くに開館。1995年にはアメリカのスミソニアン美術館にも展示されました。2003年に85歳で逝去。

久保田一竹の代表作品

  • 久保田一竹-幻
    桜の精が造り出す幻の花
  • 久保田一竹-聖河
    聖河
    河の流れのごとく

久保田一竹作品の高額査定ポイント

人気の作品なら査定額に期待

久保田一竹は数多く着物を制作しており、すべて我楽洞で買取が可能です。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

久保田一竹作品の買取に関してよくあるご質問

昔、祖母から久保田一竹の着物をもらいましたが、当方では上手に保管できませんので買取をお願いしたいです。

我楽洞では、久保田一竹の着物を買取しておりますので、ご連絡をいただきますようお願いいたします。

買取できる品目

久保田一竹作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの久保田一竹作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

お客様の声

工芸-お客様の声3

親戚からもらった工芸品がずっと使わずに押入れの奥に置いてありましたので、買取してもらいました。
鑑定士の方の丁寧な説明が良かったと思います。

東京都杉並区 S.N 様

工芸-お客様の声2

私の都合がつかず、急に翌日に来てもらうことになってすみませんでした。
4つの飾り箱とその他の工芸品を買い取ってもらい、買取金額は良かったです。

神奈川県横浜市西区 T.T 様

工芸-お客様の声1

ネットでいろいろ探しましたが、良い業者さんで良かったです。ガラス細工の買取、ありがとうございました。

愛知県名古屋市名東区 伊藤 様

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

工芸の買取に関してよくあるご質問

蒔絵手箱を信頼できる買取業者に買取してほしいと思い探していますが、良い買取業者を見分ける方法はありますか?

買取実績数や鑑定士の経験、あるいは加盟団体等をご確認されることおすすめいたします。我楽洞では、東京美術商協同組合に加盟しております。

自宅が福岡なのですが工芸品を買い取ってくれますか?

日本全国に出張費無料で買取いたします。

壊れている工芸品でも買取は可能ですか?

商品や状態によって異なりますので、まずお問い合わせください。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。