高価買取のコツ

ここでは、あなたの美術品・骨董品を少しでも高く買い取ってもらうためのをご紹介します。 実際に業者に買取依頼する前にぜひ一度確認してください。

1人気の作家の作品を選ぶ

高値で買い取ってもらうには、その作品自体に価値がなければ実現しません。有名な作家、人気の高い作家が制作した作品はそれなりに評価が高くなり、高額での買取が可能になります。また、あまり数が多くない希少性の高い作品も高価買取の対象となります。家族や親族から譲り受けた骨董品、美術品の場合、「もらったものなのでよくわからない」という場合には、一度査定してもらうことが大切です。査定後、実はとても価値の高い作品であったということもよくあります。

2日頃から適切に保存する

美術品、骨董品の保存状態は買取価格に大きく影響します。絵画の場合、日焼けやシミ、汚れがあるとそれだけで大きく価値が下がりますので、普段から直射日光が当たらない風通しの良い場所に保管することが大切です。また陶器ならヒビ、破損がないかを確認してください。もしも作品が破損していた場合、ご自身で修復しようして手を加えることはNGです。さらに価値を下げることになります。また陶器などは、よほどの知識がない限り磨いたりするのは、破損の原因となりますのでやめましょう。

3付属品も大切に保管する

骨董品、美術品には付属品である、共箱(ともばこ)、鑑定書、保証書、説明書がついている場合があります。例えば茶碗であれば、それを収める共箱(ともばこ)があるのが一般的です。また、鑑定書や保証書があれば査定はスムーズとなります。逆に付属品がない場合には、それだけでマイナス評価となります。

4経験豊富な鑑定士を選ぶ

鑑定士によって買取金額が異なります。経験が浅く知識が乏しい鑑定士の場合、骨董品・美術品についてよく知らず、相場観を把握していないことが多いため、一般の相場よりも安い買取価格を提示してくることがあります。可能であれば、その鑑定士がどれだけ多くの美術品・骨董品を査定しているかを事前に確認することをおすすめします。

5信頼できる業者を選ぶ

買取業者によって買取サービスの内容は様々です。例えば、ある業者では査定料や出張料は有料であったりします。あるいは買取金額に納得がいかないので買取依頼をキャンセルしたいと伝えると、キャンセル料を請求をしてきたりする場合がありますので注意が必要です。その他、その業者が信頼できる業界団体や組合に加盟しているかを確認してみるのも大切です。