北大路魯山人メイン画像-刷毛目 茶碗

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)

1883年-1959年

私共は、美術品業界で48年の間で豊富な経験と確かな実績を積み重ねてまいりました。
現在も、数多くの北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)作品の査定および買取をさせて頂いており、これからもお客様より信頼される鑑定人集団でありたいと考えております。
東京美術商協同組合にも加盟しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お知らせ 2018年8月9日 夏季休業日のお知らせ

北大路魯山人作品はすべての商品が我楽洞では高額買取対象です

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)は、京都で生まれた陶芸家、書道家、美食家です。美食家として知られていますが、多くの陶器も発表している芸術家としても有名です。「器は料理の着物」とは、魯山人が残した言葉のなかでも有名な一節です。魯山人の美の世界は、器に料理を盛りつけてはじめて完成します。

我楽洞では、北大路魯山人の作品の買取を強化しておりますので、ぜひご相談ください。
どなた様であっても丁寧にご説明、査定を行いますので、初めての方でも安心してご依頼いただけます。

北大路魯山人作品の買取について

略歴

1883年 京都府愛宕郡上賀茂村の上賀茂神社の社家に北大路清操の次男として生まれる。
1889年 竹屋町の木版師・福田武造、フサ夫人の養子となる。
1903年 書家を志して上京。
1904年 日本美術展覧会に出品した「千字文」が褒状一等二席を受賞。
1905年 書家・岡本可亭の内弟子となる。福田可逸の号を授かる。
1907年 福田鴨亭を名乗り可亭の門から独立する。
1910年 実母と共に朝鮮に旅立つ。
1912年 帰国。
1916年 福田家の家督を長男に譲り、北大路姓を継いで北大路魯卿と名乗る。北大路魯山人の号を使いはじめる。
1921年 会員制食堂「美食倶楽部」を発足。
1925年 東京永田町に料亭「星岡茶寮」を創業する。
1955年 織部焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるが辞退。
1959年 逝去。享年76歳。

北大路魯山人北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)は、1883年に京都で生まれた陶芸家、書道家、美食家です。父親は魯山人が生まれる4ヶ月前に自殺。母親は魯山人を農家に預けたまま失踪しています。その後、様々な家に預けられるという不遇の時代を経験します。

梅屋尋常小学校を卒業後、京都の烏丸二条の千坂和薬屋に丁稚奉公として住み込みで仕事を始めます。その仕事中、使い走りとして出かけた際に料理屋の看板の亀の絵と一筆書きを見て、絵に対する情熱が一気に高まりました。丁稚奉公を13歳のころに辞め、美術学校への進学を目指すも養父母から経済的な問題を告げられあきらめます。その後、書道コンクールなどに応募すると、賞を受賞し賞金を獲得。そのお金で絵を描き始めます。

1904年(21歳)で日本美術協会主催の美術展覧会に出品した「千字文」が褒状一等二席を受賞。世間の注目を集めます。そのころから洋画家の岡本可亭(岡本太郎の祖父)の内弟子となり、3年間住み込みました。24歳で福田鴨亭(おうてい)をとして独立。仕事は順調で稼いだお金で書道具・骨董品・外食に使うようになります。それだけではなく、よく本屋に出かけては美術に関連した書籍を買い研究を続けました。

38歳の時、会員制食堂である「美食倶楽部」を発足し、自身が料理を振る舞い、食器も自らが創作したものを使用し、多くの財界人や政治家、文化人を楽しませました。1927年(44歳)になると、魯山人窯芸研究所・星岡窯(せいこうよう)を設立し本格的に作陶活動をはじめ、翌年には日本橋三越で陶磁器展を開催します。

1959年(昭和34年)に肝硬変のため横浜医科大学病院で死去。享年76歳。

北大路魯山人の代表作品

  • 紅志野盃
    赤と白のコントラストが趣のある印象を与えてくれる作品です。
  • 銀三彩鉢
    銀色に施された茶碗に独自の感覚で飾り模様が描かれています。
  • 銀三彩櫛目文壺
    独自の世界観により重厚感のある壷となっています。
  • 伊賀釉花入
    伊賀の釉薬を使用した花瓶。質素ながらも魅力的な造形を成しています。

北大路魯山人の買取実績

  • 北大路魯山人-染付花生
    染付花生
  • 北大路魯山人-刷毛目 茶碗
    刷毛目 茶碗

北大路魯山人作品の高額査定ポイント

北大路魯山人の作品は高額の買取が可能

北大路魯山人の作品の陶磁器はどれも人気が高くなっています。特に茶碗や壷、皿などをお持ちでしたらぜひご相談ください。

保存状態は査定に大きく影響

作品にカビやシミ、日焼けあるいは破れ・破損がある場合には、査定に大きく影響してしまいます。普段から風通しの良く直射日光が当たらない場所に保管するのが良いでしょう。

鑑定書があれば査定がよりスムーズに

対象の作品に鑑定書があれば、査定の際に一緒にご提示ください。鑑定書があることによって一定の価値が確認でき買取がよりスムーズに行なうことができます。

共箱は一緒に

茶碗を入れる共箱は一緒にご提示ください。もしも共箱が無い場合には買取価格が下がってしまうことがあります。

書斎物・本に出てる作品は査定額に期待

美術関連の雑誌や、本に掲載されている作品は、高価買取が可能です。

北大路魯山人作品の買取に関してよくあるご質問

査定をしていただいた後、買取をお断りすることはできますか?

はい。査定額をお知らせして、ご納得いかない場合にはお断りいただいてもかまいません。またその際に鑑定料やキャンセル料をいただくことは一切ありませんのでご安心ください。

買取できる品目

北大路魯山人作品の買取で選ばれる理由

  • 査定料は無料

    査定料は一切かかりません。その他、キャンセル料、出張買取時の出張料などが無料です。

  • スピード査定

    長いお時間は頂きません。その場ですぐに査定し買取金額をご提示致します。

  • 当日査定OK

    東京都内、神奈川、千葉、埼玉なら当日のご依頼でもお伺い致します。

  • 経験豊富な鑑定士による査定

    数多くの北大路魯山人作品を査定してきた我楽洞の鑑定士が高価買取させて頂きます。

  • 100,000点以上の買取実績

    業界ナンバー1の実績
    他店では買取を断られたお品もご相談ください。

  • 高価買取

    我楽洞独自の流通ルートを確保しているため、高価買取が可能です。

  • 手間なし

    査定は玄関先で行いますので、お部屋の準備は不要です。

  • 全国対応

    我楽洞は日本全国対応しております。関東から遠方であっても出張費用は無料です。

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

お客様の声

陶器-お客様の声3

プロの方に見ていただき良かったです。経験も豊富とのことでまさしくそのようでした。

東京都港区 匿名希望 様

陶器-お客様の声2

伊万里焼や九谷焼が好きだった父の遺品を一部買い取ってもらいました。
残りは大切に取っておきます。ありがとうございました。

神奈川県藤沢市 M.Y 様

陶器-お客様の声1

素人の私でもちゃんと対応してくれまして、ありがとうございました。陶器の話もあり満足です。

都筑区 T.H 様

出張買取の流れ

鑑定の申し込み

お問い合わせ下さい。 お客様のご希望に合わせ、ご訪問日時を決めさせていただきます。

ご希望時間にお伺い

ご予約を頂きました日時に鑑定士がお伺致します。

作品の鑑定

ご依頼を頂きました作品を拝見させて頂き査定を行わせて頂き、買取金額と内容を伝えします。

査定額のお支払

ご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払いさせて頂きます。

陶器の買取に関してよくあるご質問

作品が贋物であるか調べる方法はありますか?

贋物には非常に精巧に作られた物もあり、一言で説明することは難しいです。ご自身で判断されずに私どもの鑑定士にご用命いただけますようお願いいたします。

萩焼や備前焼などの作品を売りたいのですが、初めてなのでどうすればいいか不安です。

我楽洞では初めての方でも安心して買取のご依頼をしていただけるように配慮しております。常にわかりやすい説明を心がけております。またご不明点があれば何でもお尋ねください。

陶器の裏に書いてある文字が読み取れず、誰の作品かわかりません。

陶器には大変多くの作家が存在し、その作品を見分けるには幅広い知識と経験が必要になりますので、ぜひ我楽洞の鑑定士にお任せください。

鑑定士紹介

私たちが責任をもって、お客様の大切なお品物を鑑定・買取させて頂きます。

我楽洞から皆さまへ

我楽洞では、絵画、書画、陶器を中心とした美術品、骨董品、中国美術をお買い受けする専門業者です。 長年業界に携わり年間鑑定10,000件以上と豊富な経験を持つ専門スタッフが鑑定をさせて頂きます。

この機会に、ご相談くださいませ。