取扱作家

細川忠興(ほそかわ ただおき)

1563年-1646年

買取できる品目

細川忠興について

細川忠興(ほそかわ ただおき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての戦国武将で有名ですが、「細川三斎」という名で茶道三斎流(さんさいりゅう)の開祖としても知られています。

室町幕府13代将軍の足利義輝に使えた細川藤孝(幽斎)の長男として京都に生まれ、15歳のときに紀州征伐に参戦し初陣を飾ります。元服後は、信長の仲介で明智光秀の三女・玉子(ガラシャ)と結婚します。玉子は明治期に密かに洗礼を受け洗礼名「細川ガラシャ」と呼ぶようになります。

細川忠興は、戦国大名である傍ら、文武両道で知られており、茶人としても有名です。千利休を師事し、お茶の基本を学び、利休門下で特に優れていたといわれる利休七哲の1人です。さらに利休七哲の中で蒲生氏郷、芝山宗綱(監物)とともに利休門三人衆に数えられた武将の一人です。千利休は、豊臣秀吉に切腹を命じられますがこのときの見送りにいった数少ない弟子の1人が細川忠興になります。

お茶以外では、医学にも興味があり、徳川家康に仕えていた頃、家康が用いていた漢方薬に興味を持ちそれから自らで漢方を作るなどのこだわりを持っていました。薬の勉強をするうちに、医学についても詳しくなり、子供が病気をした時病気の原因まで当ててしまったほどです。

略歴

1563年 足利義輝に仕える細川藤孝(幽斎)の長男として京都に生まれる
1577年 紀州征伐に参戦し初陣を飾る
1578年 元服し「忠興」と名乗る。明智光秀の娘・玉子(ガラシャ)と結婚
1581年 京都御馬揃えに参加
1584年 小牧・長久手の戦いに参加
1587年 九州征伐
1590年 小田原征伐に参加
1592年 中国出兵(文禄の役)に従軍
1598年 秀吉が死去し、徳川家康に仕える
1600年 関ヶ原の戦いで東軍に与する。妻の玉子(ガラシャ)が死去
1602年 小倉城に藩庁を移し、小倉藩初代藩主となる
1645年 死去。享年83歳

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら