取扱作家

酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)

買取できる品目

15代目の作家略歴

1968年 佐賀県に14代酒井田柿右衛門の長男として生まれる。本名を浩といいます。
1991年 多摩美術大学絵画学科中退。
1994年 十四代柿右衛門に師事する。
2010年 九州産業大学芸術学部美術学科の非常勤講師に就任。
2012年 有田陶芸協会会員となる。
2013年 重要無形文化財保持団体(柿右衛門製陶技術保存会)会長に就任。日本工芸会正会員となる。
2014年 15代酒井田柿右衛門を襲名。

酒井田柿右衛門の初代は1596年に生まれました。
当代は15代目で1968年生まれです。作品の特徴は柿右衛門様式といわれる大和絵のような花鳥図があしらわれています。器の口縁には「口銹」と言われる銹釉が施されている作品が多くあります。乳白色の地色と赤色の組合せの中で、金銀などを使う豪華な絵付けも特徴の一つで、有田焼の評価が一段と高まったきっかけにもなりました。また、海外にも多く輸出しており、世界的に愛好家が多くいます。

酒井田柿右衛門の歴代

1596年~1666年 初代 酒井田柿右衛門
1620年~1661年 二代目 酒井田柿右衛門
1622年~1672年 三代目 酒井田柿右衛門
1641年~1679年 四代目 酒井田柿右衛門
1660年~1691年 五代目 酒井田柿右衛門
1690年~1735年 六代目 酒井田柿右衛門
1711年~1764年 七代目 酒井田柿右衛門
1734年~1781年 八代目 酒井田柿右衛門
1776年~1836年 九代目 酒井田柿右衛門
1805年~1860年 十代目 酒井田柿右衛門
1845年~1917年 十一代目 酒井田柿右衛門
1878年~1963年 十二代目 酒井田柿右衛門
1906年~1982年 十三代目 酒井田柿右衛門
1934年~2013年 十四代目 酒井田柿右衛門
1968年~ 十五代目 酒井田柿右衛門

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら