0120-11-7000 メールでのお問い合わせ

取扱作家

野原貞明(のはら さだあき)

1858年-1924年

買取できる品目

野原貞明について

野原貞明(のはら さだあき)は、幕末明治に活躍した彫嵌細工の名工です。武蔵国の生まれで1924年(大正13年)に亡くなりました。武蔵国とは現在の東京都や神奈川県川崎市、埼玉県などです。彫嵌細工は貝や象牙、宝石などを彫刻された木に嵌め込む技法です。高い木彫技術が必要となります。

原貞明は、中山貞民と石川光明に師事しました。中山貞民からは、牙角彫と介甲象入を学びます。牙角彫とは動物の牙とくに象牙を彫って行う細工のことです。中国では7千年前から行われている工芸であり、伝統的な技術の継承が行われています。立体彫刻や透かし彫り、浮き彫りなどがある細工です。

その後、石川光明に師事した際、名を「貞明」とします。石川光明は1852年生まれの彫刻家で、凝った技工を駆使する作風で知られます。東京美術学校の教授や文部省の美術展覧会審査員などを歴任しました。野原貞明の作風は石川光明のような技巧的なものよりも素朴なものが多く、旭玉山に近いと評する専門家もいます。旭玉山は近代牙彫の礎を築いた人物です。

野原貞明は1889年に作品を出してから、さまざまな博覧会で受賞を重ねました。その結果、大正天皇御大典(大正天皇の即位式と大嘗祭の2つの儀式)のタイミングで東京美術学校より献上品の制作依頼を受けるほどになります。野原貞明の作品は数が少ないため、骨董市場に出ることは稀でまぼろしの名工とも言われています。

略歴

1858年 武蔵国に生まれる
1889年 東京彫工舎へ出品
1924年 死去。享年66歳

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら