取扱作家

竹内栖鳳(たけうち せいほう)

買取できる品目

竹内栖鳳竹内栖鳳(たけうち せいほう)は、1864年に京都で生まれた日本画家です。
両親は料理屋を営んでいました。17歳になると円山・四条派の幸野楳嶺の私塾へ入門します。23歳で結婚し、画家を生業とすることを決意します。

1893年には、シカゴ万博に出品し世界に自身の作品をアピールします。45歳で京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)の教授に就任します。
いつしか横山大観と画壇の双璧をなし「西の栖鳳、東の大観」と言われていました。
1942年、肺炎により78歳で亡くなりました。

1864年 京都府京都市中京区の川魚料理屋「亀政」の一人息子として生まれる。
1877年 四条派の土田英林に師事し絵を習い始める。
1881年 円山・四条派の幸野楳嶺の私塾へ正式に入門。
1882年 私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」の筆頭と称される。
1887年 結婚を機に絵師として独立。
1888年 京都府画学校(現:京都市立芸術大学)を修了。
1889年 京都府画学校に出仕。
1891年 山元春挙、菊池芳文らと青年画家懇親会を興す。
1893年 シカゴ万博に出品。
1899年 京都市立美術工芸学校の教諭に就任。
1900年 パリ万博で「雪中燥雀」が銀牌を受賞。7か月かけてヨーロッパを旅行し、ターナー、コローなどに強い影響を受ける。
1909年 京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)の教諭に就任。
1913年 帝室技芸員。
1919年 帝国美術院会員。
1924年 フランスのレジオンドヌール勲章を受賞。
1931年 ハンガリー最高美術賞およびドイツのゲーテ名誉賞を受賞。
1937年 第1回文化勲章を受賞。
1942年 逝去。享年77歳。

関連作家

東京美術商協同組合に加盟

我楽洞は正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております

東京美術商協同組合は、厳しい入会規定を設けており約500名の有力組合員で組織されており、その信用は国内はもとより、海外からも高く評価されております。
「絵画・掛け軸を高価買取致します」と謳う、ほとんどの業者はこのような信頼性の高い組合に属していることはありません。
もし、他社でご検討していらっしゃる事があれば、どのような組合に所属しているか、あるいは所属していないかを事前にお調べ頂く事をおすすめしております。

出張買取の流れ

出張買取の流れ1出張買取の流れ2出張買取の流れ3出張買取の流れ4

「出張買取の流れ」詳細はこちら